« 都教委の懲戒処分取り消し 元養護学校長が勝訴 | トップページ | 先輩との再会 »

2008/02/26

「あたご」は知っていたはずだ

 今日は、朝からグラビアの刷りだし立ち会い。実務、会議などの一日。ただ、時間だけが流れていって、なかなか仕事がすすまず、イライラする。そんな慌ただしいなかで、ニュースをチェックするのだけれど、どうも、この「あたご」事件は、どこまで明らかになってきたのか、ということがはっきりしない。「あたご」は、いつ、漁船団を認識したのか?

当直引き継ぎずさん 衝突の危険「あたご」認識せず(中日新聞)

 海上自衛隊のイージス艦「あたご」が千葉県の房総半島沖でマグロはえ縄漁船「清徳丸」に衝突した事故は26日で発生から1週間。第3管区海上保安本部(横浜市)の捜査などから、あたごは事故の30分前から漁船団を確認していたとみられ、交代前の当直士官らによる引き継ぎが不十分だった可能性が高まった。
 漁船団は幸運丸、清徳丸、金平丸、康栄丸の順に運航中の午前3時半ごろ、レーダーであたごをとらえた。3管は、あたごのレーダーが正常に作動していたことを確認しており、同時刻ごろにはあたご側のレーダーも漁船団を捕捉し、当直員も気付いたとみられる。…

 よく考えてみればわかることだが、「あたご」のレーダーは、艦橋部分(操舵室)と、CIC(戦闘指揮所)の2箇所で監視をしている。「あたご」は司令鑑でもあり、たぶんこのCICの位置づけは高いはずだ。だから、レーダーによって漁船団を認識していなかったことなどまずありえない。そして、そのことは、当然、見張り員もふくめ共有されていたとしか考えられない。では、なぜ、回避行動をとらなかったのか。たぶん、浦賀水道のようなところで、自動操舵を命じていた艦長の責任が大きいのだろうけれど、ここには一体どういった問題があるのか。

 「なだしお」の事件をふり返ることが、いま大事なのかもしれないと思って、なだしお関連を古本を買ったりしている。そこにあったのは、安全操行をおこなっていなかった自衛隊の姿であり、情報を明らかにしなかった姿であり、隠蔽し、改ざんした姿だろう。しかも、今回の「あたご」は、ハワイ演習がえりの超エリート船である。

 まだまだ、知らなければならないことは多そうである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 都教委の懲戒処分取り消し 元養護学校長が勝訴 | トップページ | 先輩との再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40283483

この記事へのトラックバック一覧です: 「あたご」は知っていたはずだ:

« 都教委の懲戒処分取り消し 元養護学校長が勝訴 | トップページ | 先輩との再会 »