« 未明のメール? | トップページ | クラスター弾禁止で問われる日本の態度 »

2008/02/23

筆子 その愛 天使のピアノ

118 昨日は、仕事を終えた後、つれ合いと(その職場の人と)映画を見に行った。常盤貴子が主演した「筆子 その愛 天使のピアノ」だ。映画の方は、あまりお金をかけずにつくったものだから、正直、学芸会の映画に毛の生えたようなものだったけれど、石井筆子の生涯を真面目にとりあげたものだ。
 石井筆子そのものは、そんなに知られているわけではないだろう。かつて華族女子を育てる学校の教師ながら、後に知的障害児の教育の分野に転身し、障害児教育の母と呼ばれた人である。

 ボクは、仕事がら正直言って、新しい議論を好む。だけど、最近、つくずく先達たちととりくみについて、しっかり学んでおかないとと思うことが少なくない。そんなこんなで、この石井筆子にも、興味をもった次第である。何は、日本の障害児教育や発達保障という思想をきずきあげてきたのか。そこには、どのような模索や葛藤や到達や限界があったのか。

 学ぶことはつきないものだとつくずく思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 未明のメール? | トップページ | クラスター弾禁止で問われる日本の態度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/40237484

この記事へのトラックバック一覧です: 筆子 その愛 天使のピアノ:

« 未明のメール? | トップページ | クラスター弾禁止で問われる日本の態度 »