« 国際平和ミュージアム | トップページ | 超党派議連花ざかりの意味すること »

2008/02/28

保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦

 最近、どうも政治の世界ではこの種のアドバルーンが多いようだ。省庁レベル、審議会のレベルでは、何でもかんでも打ち上げるという観が強いが、政府の計画のレベルでもそういう傾向が出てきたようだ。

保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦(日経新聞)

 政府は27日、保育サービスの拡充などを目指す「新待機児童ゼロ作戦」を発表した。認可保育所をはじめとした保育サービスを利用する5歳以下の子どもの数を、2017年までに現在の202万人から100万人増やし約300万人にする。認可保育所の入所待ちをしている人は現在全国で1万8000人程度だが、潜在的な利用ニーズは高いと判断。受け入れを大幅に拡大することで仕事と子育ての両立を支援する。 …

 保育などの分野は、量とともに、その質、内容がどういうものか。それが子どもの成長にとってふさわしいものか、働く親にとって、ほんとうに支援になるものなのかという吟味が必要だ。当然、その要として、そこで働く職員の専門性をどう高めるのか、ふさわしい待遇はという問題が生じる。民間の保育園や、この計画でのふれられている学童保育の現場はこの点では、かなり深刻な事態があるというのに、そういう点は、まったく視野のそと。
 それでも、量の面で前進すれば、その意味は小さくはないのだけれど、目標の具体化のために必要な財源については「税制改革の動向を踏まえつつ、具体的な制度設計の検討を速やかに進める」との表記にとどめたというのだから。結局は、消費税増税の口実にしたいのでしょうか。なんともうさんくさいアドバルーンでもあったりしないか、かなり心配でもある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 国際平和ミュージアム | トップページ | 超党派議連花ざかりの意味すること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦:

« 国際平和ミュージアム | トップページ | 超党派議連花ざかりの意味すること »

無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29