« 「南京の真実」完成披露記者会見 保守系政治家が集結 | トップページ | 中国製ギョーザで中毒 »

2008/01/30

つなぎ法案、一転撤回 与野党合意

 昨日から緊迫していた国会は、一転、与野党が合意。審議がおこなわれることになった。

つなぎ法案、一転撤回 ガソリン税暫定税率、事実上延長(朝日新聞)

 ガソリン税の暫定税率などの期限を延長する「つなぎ法案」をめぐる与野党攻防が30日午後、急転直下、決着した。河野洋平、江田五月衆参両院議長が同日、期限延長を含む予算関連法案の年度内の成立を事実上、担保する代わりに、つなぎ法案は取り下げるという内容のあっせん案を与野党に提示し、各党が受け入れた。与党はつなぎ法案を取り下げる方針。与野党の全面対決はひとまず回避された。 …

 テレビニュースを見ていても、どうも合意内容は玉虫色と言えば玉虫色。朝日の言うように、「ガソリン税暫定税率、事実上延長」とまで言えるのかは、この間の政治状況からいって、よくわからない。ちなみに合意内容はと言えば、

 一、総予算および歳入法案の審査に当たっては、公聴会や参考人質疑を含む徹底した審議を行った上で、年度内に一定の結論を得るものとする。  二、国会審議を通し、税法について各党間で合意が得られたものについては、立法府において修正する。  三、一、二について、両院議長の下で与野党間で明確な同意が得られた場合は、いわゆるセーフティーネット(つなぎ)法案は取り下げる。

 ただ、つなぎ法案というのは、自民党のゆきづまりそのものというものだった。安倍さんが政権を失った背景にある国会の強行。民主党との連立の可能性も遠のくと。もちろん、ガソリン税の暫定税率の延長など道理のないものだとは思うけれど、でも、民主党のやり方も、どうも、国民受けしない。とにかく、3月末には法案を通さない、その後の混乱で解散に追い込むという政治的な駆け引きが全面にたってしまっていて、審議のなかで問題を明らかにするというという姿勢が見えないから…。国会の審議を通じて、国民の前に問題を明らかにして、国民の世論を背景に、廃案に追い込んだり、審議をより慎重にさせるというのが政治の本筋でしょうから、そういう意味では今度の合意内容は評価はできると思う。明日からの補正予算審議、その後の予算審議には注目したいと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「南京の真実」完成披露記者会見 保守系政治家が集結 | トップページ | 中国製ギョーザで中毒 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つなぎ法案、一転撤回 与野党合意:

« 「南京の真実」完成披露記者会見 保守系政治家が集結 | トップページ | 中国製ギョーザで中毒 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30