« うちの子の将来と「学力」 | トップページ | 京都議定書を否定するのですか? »

2008/01/23

夜スペ 実施へ

 どうなんでしょうかね。ボクは、まず広く議論をするべきだということを、このブログでも書いてきましたが、広く議論された形成期はないですよね。あまりにも疑問や、問題が多すぎると思います。どうでしょうか。

公立中での夜間塾、実現へ=東京・杉並(時事通信)

 東京都杉並区立和田中学校(藤原和博校長)が、大手進学塾「SAPIX」と連携し有料の夜間塾を開く計画について、同区教育委員会は23日、実施に難色を示していた都教委に対し、課題はクリアできるとして26日から実施すると回答した。
 同校では地域住民らで構成する「地域本部」が主催する形で、校内で同塾講師を迎えた塾「夜スペシャル」を計画。2年生の希望者が対象で、平日夜に数学と国語を学ぶ週3日コース、土曜朝の英語も加えた週4日コースを企画し、月謝は通常の半額程度に当たる1万8000~2万4000円に設定している。
 …都教委には中止する権限はなく、これで夜間塾の開講が事実上決まった。都教委は24日の定例会に回答内容を報告する。

 都教委幹部は「公教育でなければ指導の範囲でない」「教育の機会均等が保たれる」と言っているという。ほとんど理解が不能である。地域に権限があるというのは、そう間違っていないけれど、学校教育の在り方にかかわる問題であることは、間違いがない。ならば、もっと、問題を出し合いながら議論が必要ではないか。藤原さんの意図を認めるとしても、それは、ほかの方法では実現できないのかということもまともに検討されたのだろうか。既成事実だけが積み重ねられていくのは、禍根を残すことにはなりはしないのか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« うちの子の将来と「学力」 | トップページ | 京都議定書を否定するのですか? »

コメント

初めまして
子どもたちは日々成長しています。広く議論して、なんて悠長なことを言ってたら、バカが増えるばかりです。

投稿: のびぃ太 | 2008/01/24 19:52

 こちらこそ、はじめまして。
 広く議論するということと、悠長ということは同じではありません。もし、子どもにダメージを与えるのなら、それは取り返しのつかないことになります。それだけに、短期間でも慎重な議論をおこなうべきです。常識的に考えて、この問題では、いろいろな疑問がありますし、存在しています。この計画が出されてから、そのことについて、区教委も学校も十分に意見を聞き取ったり、説明をしてきたのかということです。それはいまからでも遅くはないと思います。

投稿: YOU→のびぃ太 | 2008/01/25 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17807455

この記事へのトラックバック一覧です: 夜スペ 実施へ:

« うちの子の将来と「学力」 | トップページ | 京都議定書を否定するのですか? »