« 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その1) | トップページ | 大学別学力調査、日本も参加方針 OECD試行 »

2008/01/13

分科会「国民の教育権と教育の自由」(その2)

 ちょっと長くなったので、わけての掲載にしました。

 さて、午後からは全教の山口隆さんの「『参加と共同の学校づくり』と国民の教育権」という報告。教職員組合が国民の教育権論を理論的な背景として、学校づくりの方針をどう発展させてきたかというもの。理論と実践の結合がそこにあるわけで、学問のあり方の1つを示しているなあと思います。「教師の教育権」という言葉を使わないという問題について、討論になりました。教師の責務と権限だとか、教師の人間として自立した活動だとか、いろいろな言葉が出されて面白かったです。そこから、より実践的な議論になる。実態としては、権力となってしまう教師と子どもの権利との関係などのとらえ方。これは、ボクの以前に書いた感想ともかみ合って、興味深く聞きました。

 つづいて姉崎先生が、社会教育の立場から国民の教育権を報告。ここでも、その前提として、奥平さんの憲法論についての検討がおこなわれた。かなり、ていねいな話だったので勉強になった。ただ、憲法の世界で、なぜにこのように教育の自由が位置づけられなくなったのかについては、教育基本法改悪反対のとりくみの時期に憲法の先生から愚痴られたことはあるが、不思議でたまらない。堀尾さんも提示されていたけれど、田中耕太郎の提起は、この六〇年間になぜ根付かないのか? 奥平さんや樋口さんの議論をはじめ憲法学の側の固有の問題はあると思うが、教育法学の側とも共通した問題はないのか、ちょっと気になるところでもある。
 社会教育の分野は、あまり勉強する機会が最近なかったので(大学のときは基礎ゼミも講義も単位をとったというのに)、歴史的な経緯もふくめて、ちょっとおもしろかったです。

 濃いーい内容の一日で、疲れましたけれど、ときにかく感想は、勉強がしたいなあ。勉強しなければいけないなあと、健全なもの。分科会の最後のほうで、世取山さんが、ぐうたら教師のすすめを提案していましたけれど(笑い)、うーん、ここはみずからには、どう引き寄せればいいのか。ぐうたら編集者と言えばそうなのかもしれないけれど。
 二日間で、何人もの人に、新年のあいさつをして、ご同業者?の方たちとも、おしゃべりをして。まあ、それなりの意義のある二日間でした。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その1) | トップページ | 大学別学力調査、日本も参加方針 OECD試行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17684289

この記事へのトラックバック一覧です: 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その2):

« 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その1) | トップページ | 大学別学力調査、日本も参加方針 OECD試行 »