« 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その2) | トップページ | 沖縄集団自決:防衛研が「命令なし」の見解 公開資料に »

2008/01/13

大学別学力調査、日本も参加方針 OECD試行

 誰が、提案したんだるねえ。日本の文科大臣は、参加に意欲満々なようだけど。

大学別学力調査、日本も参加方針 OECD試行(朝日新聞)

 経済協力開発機構(OECD)加盟国の教育相非公式会合が11、12日に東京で開かれ、大学での学習成果を評価するための国際調査に向けて、試行調査を実施することで合意した。議長を務めた渡海文部科学相は会見で「参加の方向で検討したい」と述べ、日本も試行調査に加わる意向を明らかにした。結果は来年中をめどにまとめ、それを受けて正式な調査を実施するか、加盟国が判断することになるという。
 OECDはすでに15歳を対象とした国際学習到達度調査(PISA)を過去3回実施し、国ごとの平均点や順位を出している。これに対し、今回の調査では大学ごとの評価に主眼を置く。OECDのバーバラ・イッシンガー教育局長は「PISAとはアプローチがかなり違う。大学の順位づけではなく、各大学が自分の立場を知り、目標を定めるのが目的だ」と述べた。
 試行調査は今年から来年にかけ実施し、数カ国から数大学ずつが参加する見通し。これまでの専門家会議の検討では、対象分野として、工学、経済学、自然科学のほか、「批判的思考力」といった専攻分野を超えて高等教育で身につけるべき能力が候補になっている。

 学力の傾向や、教育機関としてのあり方を検討するのには意味があるかもしれないけれども。でも、学問のあり方など文化のあり方と直接隣接していて、各国でずいぶんちがうだろうし、何を基準に図るんだろうかはかなり疑問。しかも、日本では大学は異常な成果主義、競争主義の渦にかきこまれている。文科相は、「社会がグローバル化し、学術の質がボーダーレスに広がる中で、日本の高等教育の評価を国内にとどまらず、国際的に考えるのは意味がある」と話したそうだけど、大丈夫だろうか。学生たちは、ただでさえ就職準備が、下級までひろがっているのに、大学でもより競争にさらされないのか心配でもある。
 何しろ、大学の組合活動の中心は、癒しとストレスの解消のためのとりくみと言っていた人がいた。そのぐらい、おかしな状況にある大学。大学、大学院、学生や院生のあり方が大丈夫なのか。心配のほうが先にたった記事でもあるけれど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その2) | トップページ | 沖縄集団自決:防衛研が「命令なし」の見解 公開資料に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17684650

この記事へのトラックバック一覧です: 大学別学力調査、日本も参加方針 OECD試行:

« 分科会「国民の教育権と教育の自由」(その2) | トップページ | 沖縄集団自決:防衛研が「命令なし」の見解 公開資料に »