« 試験成功の「こんごう」帰港=ミサイル迎撃の任に-長崎・佐世保 | トップページ | 学校裏サイト:文科省が実態調査 対策案策定も検討 »

2008/01/06

7月までに報告書提出=34本の論文掲載へ-日中歴史共同研究

 今日は職場で仕事をするつもりだったけど、腰のぐあいがあまりよくなく、自宅でずっとパソコンに向かう一日だった。椅子の高さを調整し、楽な姿勢をさぐる一日(苦笑)。まあ、仕事はぼちぼち進んだけれど。

7月までに報告書提出=34本の論文掲載へ-日中歴史共同研究(時事通信)

 日中両国の有識者が集まり、北京の中国社会科学院で開かれた日中歴史共同研究第3回会合は6日、2日間の日程を終えた。双方は、6月後半から7月前半に東京で開催する第4回会合に研究成果をまとめた報告書を提出することで一致した。
 報告書には、「古代・中近世史」「近現代史」の両分科会で、日中両国の学者がそれぞれ16本、18本の論文を作成の上で掲載する。今回は、分科会ごとに既に完成した論文について意見交換したが、両分科会は今後、論文を修正した上、3月に日本で会合を開き再び議論する。

 2002年からすすめられた韓国との歴史共同研究は、いろいろな見方ができる。ただ、全く成果がなかったわけではないが、論点はかならずしも埋まらなかったと思う。よりへだたりの大きい日中の歴史共同研究では、はたしてどんな議論がなされているのだろうか、興味深いところだ。この政府レベルと同時に、民間のレベルで歴史共同研究が並行して行われていると聞く。その全容を知りたいし、成果にもきたいしたいと思うが。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 試験成功の「こんごう」帰港=ミサイル迎撃の任に-長崎・佐世保 | トップページ | 学校裏サイト:文科省が実態調査 対策案策定も検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17602864

この記事へのトラックバック一覧です: 7月までに報告書提出=34本の論文掲載へ-日中歴史共同研究:

« 試験成功の「こんごう」帰港=ミサイル迎撃の任に-長崎・佐世保 | トップページ | 学校裏サイト:文科省が実態調査 対策案策定も検討 »