« 世界同時株安の様相 東証1万3000円割れ | トップページ | 温暖化問題と財界の動向 »

2008/01/22

“2分短縮”に巨額税金 「道路中期計画」のムダ

2008012201_04_0 昨日のサンデープロジェクトから。これってわかりやすいなあと思ったのが、共産党の市田さんの指摘。

“2分短縮”に巨額税金 市田書記局長が指摘 「道路中期計画」のムダ(しんぶん赤旗)

 政府・与党がガソリン税などの道路特定財源の税率を引き上げている暫定税率を今後十年間維持する方針をとる根拠にしている「道路の中期計画(素案)」は、一見したところでもムダばかりです。二十日のテレビ討論番組では、日本共産党の市田忠義書記局長が、ムダの象徴的な例を紹介しました。
 市田氏が紹介したのは、計画の総額・五十九兆円のうち二十四兆円(約四割)を占めている「国際競争力の確保」。この中の「基幹ネットワークの整備」には、「拠点的な空港・港湾からICへのアクセス改善」という項目が含まれています。
 ここでは、拠点空港・港湾(七十一カ所)から高速道路のインターチェンジに十分間以内にアクセスすることができない所が二十二カ所あるとして、このうち十五カ所について改善を図るとしています。
 しかし、改善の対象とされる港湾を調べると、いまでも八カ所は十二分~十八分でアクセスが可能です。(表参照)…

 これって、市田さんの言うとおり「十二分のところを二分縮めて“国際競争力の強化だ”と、(与党は)そういうことも含めて五十九兆円(が必要だと)。そのために暫定税率維持だといっている」というものにほかならないでしょう。政府は、いろいろな口実を言いますが、五十九兆円も道路整備に使うという“総額先にありき”にすぎないのだと思います。道路財源問題も、根底にあるのは、従来型の単純な論理の問題にほかならないということなのでしょうね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 世界同時株安の様相 東証1万3000円割れ | トップページ | 温暖化問題と財界の動向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17789558

この記事へのトラックバック一覧です: “2分短縮”に巨額税金 「道路中期計画」のムダ:

« 世界同時株安の様相 東証1万3000円割れ | トップページ | 温暖化問題と財界の動向 »