« ルポ 貧困大国アメリカ | トップページ | 深い本質をついた議論のために »

2008/01/31

教育再生会議が最終報告

 教育再生会議の最終報告が、ひっそりと出されました。ニュースでも大々的に取り上げられることもなく、です。

後継組織の設置要請=教育再生会議が最終報告(時事通信)

 政府の教育再生会議(野依良治座長)は31日夕、首相官邸で最後の総会を開き、最終報告を福田康夫首相に提出した。第1次~3次報告のうち、徳育の教科化など未実施の主要項目を再度掲載するにとどめた上で、報告の実施状況を監視していく後継会議を設置するよう要請した。首相は「新しい会議を内閣に設置したい」と表明した。
 政府は2月中にも新組織を発足させるが、提言内容の具体化の働き掛けなどに役割は限定される見通し。



 内容的には、とくに目新しい論点があるようには思えない。ただ、「提言の実現に向けて」だとか「提言の実効性の担保のために」と言って、内閣府のもとに新たな会議を設けることを強調していることが注目される。そして、書かれている論点は、ここの多少の強弱や違いなどはあるけれど、文科省・中教審と大きな方向では違うわけではない。これまでも、実際には、この会議が教育三法などで、きわめて悪質の役割を果たしたことは忘れてはいけない。

 ボクは個人的には、「大学・大学院の改革」などは、よく見ていかなければならない課題だとは思うが…。いずれにしろ、教育改革や教育再生なるものは、消えていくわけではなければ、後景に退いたわけではないだろう。結局、教育再生会議にしろ、ないがしろにされている問題があると思う。それは、子どもの声であり、子どもの実態である。そして、その子どもたちの成長や発達に、教育は何を求められているのかという「専門的」な議論だ。昨日から本格的にはじまった、夜スペでもそれは同じことが言えるのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ルポ 貧困大国アメリカ | トップページ | 深い本質をついた議論のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17913679

この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生会議が最終報告:

« ルポ 貧困大国アメリカ | トップページ | 深い本質をついた議論のために »