« 日本のカスピ海油田権益縮小、カザフが管理強化 | トップページ | 軍事費のムダを考える »

2008/01/16

米シティ、サブプライムで追加損失2兆5000億円

 まあ、とてつもない額である。でも、こんなことに驚いちゃいけないのだろうな。サブプライムの撒いた種は、世界の金融機関にばらまかれているだから。先進国の過剰蓄積による金余りと、それを何倍にもするような金融商品の開発による際限のない信用創造と。まさに事態は金融恐慌の様相を呈していると言っていいのだろうね。ね、というのは経済にはまあ自信がない。

米シティ、サブプライムで追加損失2兆5000億円(日経新聞)

 米大手銀行、シティグループは15日、2007年10―12月期決算で、信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)に絡み、235億ドル(約2兆5000億円)の損失を計上したと発表した。
 追加損失計上がとまらないのは、金融市場でサブプライムローン関連の証券化商品の価格下落に歯止めがかからないため。シティの10―12月期の損失の大半は有価証券の評価損で、計181億ドル。さらに消費者ローンの貸倒引当金の増加などで54億ドルを計上した。シティは7―9月期にも64億ドルの関連損失を計上しており、合計の損失は300億ドルを突破した。

 対岸の火事では決してないしね。一気に不況局面に入りそうな日本の経済を行方を考えていく上でも、誰かさんじゃないけれど、不得意分野として避けているわけにはいかないですよね。1月後半は、経済の本もしっかり読んで、仕事しなきゃ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日本のカスピ海油田権益縮小、カザフが管理強化 | トップページ | 軍事費のムダを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17709433

この記事へのトラックバック一覧です: 米シティ、サブプライムで追加損失2兆5000億円:

« 日本のカスピ海油田権益縮小、カザフが管理強化 | トップページ | 軍事費のムダを考える »