« 集団自決、軍強制断定に疑問=教科書検定審 | トップページ | バリバリのハト派―女子供カルチャー反戦論 »

2007/12/07

障害児がそだつ放課後

02940252 著者の白石さんは、同級生?(本人は、自分が下と言っている。記憶は定かでない)。学童保育誌に連載した指導員向けに書いたものだが、それにとどまらない子育ての入門書になっている。
 もちろん、私たちの身近にいる障害のある子どもへの見方、接し方への手引きにもなっているけれど、何よりも、子どもの発達の道すじを学ぶことによって、子ども観というものを豊かにしてくれるというのがこの本の最大の魅力である。発達の基礎には、豊かな共感的な人間関係を築くことにこそあることを教えてくれる。
 「この子らを世の光に」は、障害児教育の先達の糸賀一雄の言葉である。この言葉にしめされた発達保障の理念と実践は、私たちの子育てに教えることは大きいと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 集団自決、軍強制断定に疑問=教科書検定審 | トップページ | バリバリのハト派―女子供カルチャー反戦論 »

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害児がそだつ放課後:

» 【糸賀一雄】についてブログでの検索結果から見ると… [おまとめブログサーチ]
糸賀一雄 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… [続きを読む]

« 集団自決、軍強制断定に疑問=教科書検定審 | トップページ | バリバリのハト派―女子供カルチャー反戦論 »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31