« 福田談合内閣の発足と日本政治の前途 | トップページ | ハリーポッターと不死鳥の騎士団 »

2007/12/01

学習指導要領の論じ方

 午後からは、民主教育研究所が主催した、学習指導要領のシンポジウムを聞きに行った。和光の梅原先生が「審議のまとめ」の全体的な特徴を、現場の先生のOBの方が、理科と国語についての特徴を報告された。全体の議論は、もう1つかみ合わないような内容。なかなか、今回の学習指導要領の中心的な論点がなかなか共有されないもどかしさを感じる。量的な膨大さや、「まとめ」がおこなっている議論そのものに難しさの原因があるのだろうけれど。
 ぼやっと、感じることは、まず全体像をよく共有するような努力が必要なのだろう。とくに、論点のを整理しながらもつらぬくべき問題としての「評価」と「統制」か。いずれにしろ細部に入り込む前に、今回の特徴というものを前提でよくつかむことが大事な感じ。
 もう1つは、問題性を、大きく見ないこと。むしろ教育の論理、教育の条理から離れることによって、その矛盾のいかに拡大しているのかということが大事か。目の前の仕事が一段落したら、もう一度よく「まとめ」を読んだ方がいいような気がしてきた。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 福田談合内閣の発足と日本政治の前途 | トップページ | ハリーポッターと不死鳥の騎士団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17246348

この記事へのトラックバック一覧です: 学習指導要領の論じ方:

« 福田談合内閣の発足と日本政治の前途 | トップページ | ハリーポッターと不死鳥の騎士団 »