« 教職員「心の病」休職4675人 公立校、過去最多 | トップページ | 帰省 »

2007/12/29

それでも仕事は続く…

 とりあえず、今年の職場への出勤は今日で終了。
 今年をふり返って、ほんとうによく働いた一年だった。かく言う今も、職場の年賀状の印刷をシコシコしている始末。おいおいオレに年賀状までつくらすのかよ、なんて言いたくなる。去年もそうだったけど。まあ、今年は、家族の年賀状がないだけ楽だけど。

 まあ、これだけ勤務態度の悪い人間である。端から見れば好き勝手に仕事をしているとしか見えないだろうなあと思うけれど、でも、「あなたは、好きなことをやっているから、忙しいのは仕方がないでしょ」と、家庭でも職場でも、どこに言っても言われると、ちょっとそうなのと言いたくなる。正直、今年の働き方も尋常ではなかった。私のように、ある意味では、使命感とか、自己犠牲というものを求められるような職種では、はっきりいって、かなり自発的に、仕事につっぱしるという側面があることは否定できない(それがいいことか悪いことかは別として)。が、でも自覚的に、自分の働き方は、尋常ではないと思うのだけど。どんなにしんどくとも、辛くとも、ほとんど、泣く思いで出勤する…。
 でもまあ、そんな愚痴ったり、周りに気持ち的には敵対的になっている自分がまた、どうしようもなく嫌になる。どうすれば、自分はもっと、穏やかに優しくなれるのだろうか。

 こんなに愚痴っても、「まああなたは大丈夫」って声が聞こえそう。それがまた悲しいのだけど、たぶん、それは正解で、自分なりに適当な折り合いをつけて、まあ結構、別なことを考え、仕事に向かう。どうせ、いつものように、年末年始も、帰省の電車や車の中で、パソコンを叩き、とくにテレビを見るわけでもなく、家庭的労働の時間以外は仕事をしているのだから。そうやって、この年の暮れも過ぎていき、新しい年が始まる。来年は、もう少し、健康的な人間になりたいものだ。そのときには、ただ、新しい年をどういい年にするのかということのみを最大の関心事に。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 教職員「心の病」休職4675人 公立校、過去最多 | トップページ | 帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17516800

この記事へのトラックバック一覧です: それでも仕事は続く…:

« 教職員「心の病」休職4675人 公立校、過去最多 | トップページ | 帰省 »