« 教育再生会議第三次報告 | トップページ | 「軍が強制」認めず 検定審が結論 »

2007/12/25

この政治のくだらなさ しんぶん赤旗のスクープ

 最近、新聞の調査報道というものがすっかり減った感があるけれど、たまに注目すべきスクープにである。たとえば、きょうの「しんぶん赤旗」にはこんなスクープが載っていた。この新聞は、ときどきクリーンヒットを飛ばす。

インド洋給油 調達先 伊藤忠など2社 225億円、随意契約で独占(しんぶん赤旗)

 インド洋上での米軍など外国艦船に対する海上自衛隊の給油活動で、防衛省が給油燃料を調達していた商社二社が二十四日、関係者の証言などで明らかになりました。給油燃料をめぐっては、随意契約による不透明な実態が指摘され、国会でも野党側が再三にわたって調達先の公表を要求。同省は「商社の正当な利益を害する」として拒否してきました。
 給油用燃料の調達先は、大手総合商社の伊藤忠商事(大阪市)と燃料関連商社の旭日通産(横浜市)の二社です。関係者は、両社が調達先であることを認め「最初からずっと」独占受注しているとのべました。
 給油活動は二〇〇一年から今年十月までの六年間で、約四十九万キロリットル、約二百二十五億円の税金が投入されています。…

 インド洋での給油は、「国益だ」「国際貢献」だといいかなが、これでは「企業益」であり、「企業貢献」ということなのだろうか。つくずく、日本の保守政治家の言うことはくだらないと思ってしまう。給油の再開など、議論の余地などはない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 教育再生会議第三次報告 | トップページ | 「軍が強制」認めず 検定審が結論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17480483

この記事へのトラックバック一覧です: この政治のくだらなさ しんぶん赤旗のスクープ:

« 教育再生会議第三次報告 | トップページ | 「軍が強制」認めず 検定審が結論 »