« この政治のくだらなさ しんぶん赤旗のスクープ | トップページ | 岩国市長が出直し選出馬 米軍再編で「民意問う」 »

2007/12/26

「軍が強制」認めず 検定審が結論

 沖縄戦の「集団自決」(強制集団死)をめぐって、文部科学省の検定審の結論が今日発表された。
 本土の新聞は、「沖縄戦の集団自決、教科書で「軍の関与」表現承認…文科省」(読売新聞)、「沖縄集団自決、「軍の関与」認める・高校教科書検定問題」(日本経済新聞)、「集団自決で教科書6社の訂正申請承認=文科省」(時事通信)という報道が少なくない。たしかに実質的には、かなり政治的妥協をはかったという面はないわけではない。しかし、結果として、軍の強制はみとめず、検定は撤回しなかった。いま大事なことは沖縄の声、被害者の声を聞くことではないのか。

「軍が強制」認めず 検定審が結論(沖縄タイムス)

 【東京】高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決(強制集団死)に関する検定問題で、教科書会社六社からの訂正申請を審議していた教科用図書検定調査審議会(検定審)の杉山武彦会長は二十六日午後、都内の文部科学省で渡海紀三朗文部科学相と会談し、審議結果を報告した。渡海文科相は全社の記述を承認する手続きに入った。同日中に教科書会社全社に伝達される見通し。検定審の結論は、「集団自決」について「日本軍によって追い込まれた」など軍の「関与」を示す記述は認められたが、「日本軍が強制した」など主語の「日本軍」と述語の「強制」を直接つなげる表現は採用されなかった。

 より詳しい沖縄タイムスの号外は、これ
一面「2007122601G.pdf」をダウンロード
二面「2007122602G.pdf」をダウンロード

 事実を認めないことそのものが、現在の政治が抱える大きな矛盾にほかないのではないだろうか。必ず、このことは、政治の大きなうねりにつながらざるをえないし、そうしなければならない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« この政治のくだらなさ しんぶん赤旗のスクープ | トップページ | 岩国市長が出直し選出馬 米軍再編で「民意問う」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17488644

この記事へのトラックバック一覧です: 「軍が強制」認めず 検定審が結論:

« この政治のくだらなさ しんぶん赤旗のスクープ | トップページ | 岩国市長が出直し選出馬 米軍再編で「民意問う」 »