« 経済成長・地方・社会保障に重点…予算編成の基本方針決定 | トップページ | 風邪が治りません »

2007/12/04

日本、数学10位に後退=OECD15歳調査

 昨日書いていたとおりPISAの結果がでました。まだ、文部科学省のHPにも掲載されていないので詳しくは、それを見ないとわからないですが。まずは新聞報道です。テレビでもあまり詳しくは報道されていません。

日本、数学10位に後退=OECD15歳調査(時事通信)

 経済協力開発機構(OECD)は4日、15歳を対象とした2006年の国際学習到達度調査(PISA)の結果を世界同時発表した。日本は、数学的応用力で03年の前回調査の6位から10位に後退、得点も下がった。読解力も、大幅に落ち込んだ前回並みだった。科学への興味、関心がOECD平均に比べて低いことも判明し、「理数離れ」の傾向が鮮明になった。
 11月に公表済みの科学的応用力でも、日本は前回の2位から6位に順位を下げた。文部科学省は、11年度からの新学習指導要領で理数の授業時間を大幅に増やす方針。
 PISAは、知識や技能を生活場面に活用する力を見るテストで、3年に1回、義務教育修了年齢を対象に実施。06年は57の国と地域から約40万人が参加し、日本では無作為に選んだ185校の高1約6000人が受けた。
 OECD加盟30カ国の平均が500点になるよう調整した結果、日本の数学的応用力は523点で前回より11点マイナス。同一問題でも正答率が下がった。読解力は498点で15位(前回14位)。
 中心分野として詳しく調べた科学的応用力は、531点で、前回より17点下がった。平均正答率は60%で、OECD平均より6ポイント高い。「科学的な疑問の認識」「現象の説明」など3領域の得点で、日本はいずれも最上位グループに次ぐ位置だった。
 …一方、科学について「知識を得ることは楽しい」など5項目の質問に肯定的な回答をした割合は29~58%で、OECD平均より9~14ポイント低かった。「高校を卒業したら科学を勉強したい」「科学を必要とする職業に就きたい」も10ポイント以上少ない。

 理数系は、まだ世界でも高位にあるのは、否定のしようのない事実です。しかし、低下傾向にもあるのでしょうね。問題はPISAをどう受け止めるかです。PISAのテストではかられるのは、OECDで議論されている学力(能力)という点からいっても、限られたものにすぎないからです。このテストの結果の読み取り方を間違えると、たいへんなことになるような気がしてなりません。文部科学省は盛んに「生きる力」といいますが、もう一度、子どもたちにつけたい「学力」(こういう言い方が正しいのかはひっかかりますが)が何かは、落ち着いて考えたいものなのです。

 ただ、アジアが相対的に上位をしめていること、フィンランドは高位にいるが、スウェーデンなどはそうではないなど、よく知りたい、考えたい内容もなるようですね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 経済成長・地方・社会保障に重点…予算編成の基本方針決定 | トップページ | 風邪が治りません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17275976

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、数学10位に後退=OECD15歳調査:

» 国際学習到達度調査、フィンランドは今回も理系の応用力部門で上位 [最新ニュースをお届けしています]
経済協力開発機構(OECD)は4日、57か国の15歳40万人を対象に2006年に実施した「国際学習到達度調査」(PISA)の結果を発表した。 [続きを読む]

受信: 2007/12/06 10:07

« 経済成長・地方・社会保障に重点…予算編成の基本方針決定 | トップページ | 風邪が治りません »