« 熊井啓 戦後日本の闇に挑む | トップページ | 続・奪われた夢薬害肝炎 エリコの闘い »

2007/12/23

首相「一律救済」を表明 薬害肝炎、議員立法で法案

 この薬害肝炎でたたかう人たちの生きざまには、ほんとうに学ばされる。ようやく、政治は一歩ふみだすことになった。
 裁判所の判断を盾に、最後まで政治決断をしなかった福田首相。今度は国会にそのボールをなけることで、責任をあいまいかしようとしていると言えばいいのだろうか。与野党の協力で、一律救済へ大きな一歩を踏み出すことにはなるとは思うけれど。何よりも、国と製薬会社の責任を明らかにし、原告や被害者が望む全員一律救済の実現を早期におこなうことが求められる。
 一律救済という正義をめぐっては、妥協せずに、主張する人たちの姿は美しかったし、心がうたれた。

首相「一律救済」を表明 薬害肝炎、議員立法で法案(中日新聞)

 薬害肝炎訴訟の和解協議をめぐり福田康夫首相は23日午前、自民、公明両党で患者全員の一律救済に向けた法案を議員立法で今国会に提出することを明らかにした。官邸で記者団に語った。
 これを受け原告・弁護団は同日、「大きな一歩であると評価し、解決につながることを期待する」とする声明を発表。厚生労働省内で会見した鈴木利広全国弁護団代表は「一歩前進だが、首相が言う『全員一律救済』の内容は不透明だ」と述べた。…

 Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 熊井啓 戦後日本の闇に挑む | トップページ | 続・奪われた夢薬害肝炎 エリコの闘い »

コメント

世論の力を感じました。そして、肝炎患者の毅然とした姿勢に深く感動しました。日本の国も見捨てたものではありませんね。

投稿: yasu | 2007/12/24 21:15

 yasuさん、お久しぶりです。薬害肝炎のたたかいはほんとうに見事です。大義をすてないところなど、山口さんや福田さんの発言をテレビをとおして聞いていると、こういうと怒られそうですが、女性はすごいなあと思います。世の男たちもちょっとがんばらないといけないですね。失言です。

投稿: YOU→yasu | 2007/12/24 23:04

 久しぶりです。今年は 忙しくってゆっくりこの「ブログ」を見る時間がありませんでした。話は変わりますが、来年全障研の大会私の地域(和歌山)でするそうです。また、和歌山の「麦の郷」精神障害者の映画を今撮影しているそうです。今は、僕自身障害者運動を遠ざかってしまったのですが…。
 
 おっしゃるとおりです。職場でもスジを通して毅然としているの
が女性です。特におばさん先生…。男は大切なところで妥協してしまいます。女性は強いとともに、すごいですね。この頃 実感しています。

投稿: yasu | 2007/12/24 23:15

 今年は全障研の大会、障全協の大会は、40年の記念集会ということもあり、行ってきました。きょうされんは30周年でしたが、いけませんでした。和歌山は本職のつれあいのほうは、行くでしょうが、私はきっと難しいでしょうね。選挙かもしれませんし。
 今日は、首相に、あやまらせましたよね。それでも妥協せず、主張するのはすごいです、ほんとに。
 まあ、まだまだ老けこむわけにはいきませんし、男は男なりの(まあそんなにこだわるのではないですけど、ただ人間として)毅然とした姿勢を貫けるように、努力はしたいものですよね。

投稿: YOU→yasu | 2007/12/26 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17458450

この記事へのトラックバック一覧です: 首相「一律救済」を表明 薬害肝炎、議員立法で法案:

« 熊井啓 戦後日本の闇に挑む | トップページ | 続・奪われた夢薬害肝炎 エリコの闘い »