« 韓国の教育改革 | トップページ | 障害児がそだつ放課後 »

2007/12/07

集団自決、軍強制断定に疑問=教科書検定審

 これはいったいどういうことなのでしょうか。

集団自決、軍強制断定に疑問=教科書検定審(時事通信)

 沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史の教科書検定問題で、日本軍の強制があったとする記述を復活させる教科書会社からの訂正申請について審査している教科用図書検定調査審議会で、強制があったと断定した記述に対し疑問を呈する意見が多く出されていることが6日、関係者の話で分かった。
 関係者によると、沖縄県民が精神的な極限状態で集団自決に追い込まれた要因には、日本軍の存在を含めた多様な背景があり、「強制や命令といった一面的な記述は妥当ではない」という意見が審議会で大勢を占めているという。
 こうした見解は、文部科学省を通じて教科書会社側にも伝えられ、一部の社には訂正申請の取り下げや、より多面的な要素を盛り込んだ表現での再申請を模索する動きがあるという。
 検定をめぐっては、軍強制の記述を削除した教科書会社5社を含む6社が訂正申請。「殺しあいを強制した」や「日本軍によって『集団自決』においこまれた」と直接の強制を示す記述もあった。同審議会の日本史小委員会が内容を審査しており、既に数回の会合が開かれている。
 審議会は、複数の沖縄戦の専門家からも意見を聞いており、年内に結論を出す方針。文科省は、審議会の結論を基に承認するかどうか決める。 

 そもそも専門家の存在しない審議会? 某調査官が巻き返しをおこなったのか。学術的にも、まともだと思えない内容でしょう。いったいどんな議論がなされているのか、まず、審議の内容を公開すべきです。はたして、審議会は、先日紹介した林博史さんの意見書をどう議論したというのでしょうか。

 沖縄2紙の報道は以下の通り。
文科相「承知していない」/軍命明記回避(沖縄タイムス)
「軍強制」削除撤回せず 教科書検定審が指針(琉球新報)

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 韓国の教育改革 | トップページ | 障害児がそだつ放課後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17301641

この記事へのトラックバック一覧です: 集団自決、軍強制断定に疑問=教科書検定審:

« 韓国の教育改革 | トップページ | 障害児がそだつ放課後 »