« トヨタ 世界一の光と影 | トップページ | 今年の世相は »

2007/12/12

光熱水料4億円減で決着 労務費維持、思いやり予算

 聖域化されている予算の1つに直接、アメリカ軍を支援している予算がある。今日は、こんなニュースから

光熱水料4億円減で決着 労務費維持、思いやり予算(中日新聞)

 日米両政府は12日、来年3月に期限切れとなる在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の特別協定改定で、現行の負担額1409億円のうち、米軍基地で使う電気、ガス、水道の光熱水料の一部を減額することで合意した。日本側は負担の大幅減額を求めていたが、光熱水料(現行253億円)は08年度は現状維持、09、10年度は各4億円の削減にとどまった。労務費(1150億円)と訓練移転費(5億円)は現行負担額を維持。上限労働者数も同じ2万3055人で合意した。新たな協定期間は3年。
 高村正彦外相とシーファー駐日米大使が同日夕、外務省で会談し、正式決定した。政府は来年の通常国会で特別協定改定の承認を求める。…

 なんでもWikipediaによれば、「思いやり予算」は、アメリカ本国でも「Omoiyari Yosan」と呼ばれているという。公式には「Host Nation Support」(駐留国受け入れ支援)が当てられているそうだ。ただ、駐留国の受け入れ支援ということで言えば、提供施設整備費というものがあり、「施設・区域内に隊舎、家族住宅、環境関連施設等を日本側の負担で建設し、米軍に提供」しているが、これは特別協定ではなく、地位協定によっておこなわれている。
米軍基地を見に行ったことのある人ならしっていると思うが、基地のなかには、米軍の将兵のための豪華な家や施設(映画館やスポーツ施設など)が建っている。日本のものとは比べものにならないほど豪華なのだけれど、それが日本の税金で建てられていると思うとほんとうに腹が立つ。
 思いやり予算は、英文で上記のように扱われているように日本特有のものであるが、提供施設整備費についても、世界のなかでは別格で、こんなにアメリカ軍のためにお金をつぎ込んでいる国はどこを探しても見つからない。
 ちなみに、提供施設整備費については、国会図書館のレファレンスという雑誌の1月号に「米軍海外基地・施設の整備と費用負担――米国及び同盟国・受入国による負担分担の枠組みと実態」という論文があるので関心あるかたはどうぞ。

 なぜ、そこのことが大きな問題になると言えば、もちろん特別協定が来年3月にきれるということもあるけれど、思いやり予算が30年の節目を迎えるということもある。しかし、何よりも、グアムへの米軍の移転費をはじめ、米軍再編の負担を日本が3兆円もするということがすすめられようとしていることが大きい。日本は、どこまで米軍のためにお金を支出しなければならないのか。そもそも他国の軍隊にお金を支出するということが、許され続けていいのか。
 同時に、グアムの移転について、山田洋行が利権を画策していたことが、今回の守屋問題で浮上していますが、そもそも、こうしたアメリカ軍への支出なるものが、利権と化していないのかということも明らかにされなければなりません。
 じつは、思いやり予算をめぐっては、日本の進路、あり方の根幹に迫るような国民の注目が集まらざるをえない性格があるのではないでしょうか。その最初の、日米交渉の結果は、ほとんど削減とはならず、これまでどおりに支出が続けられることになったようです。大きく問い掛けなければなりません。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« トヨタ 世界一の光と影 | トップページ | 今年の世相は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17352169

この記事へのトラックバック一覧です: 光熱水料4億円減で決着 労務費維持、思いやり予算:

« トヨタ 世界一の光と影 | トップページ | 今年の世相は »