« 経団連の経労委報告 | トップページ | 南京事件論争史 »

2007/12/19

米陸軍第一軍団新司令部が発足 キャンプ座間

 今日は、仕事の山場。身体はかなりばてていますが…。朝から、印刷工場につめて作業です。お昼ごはんを食べたらさすがに眠くなって…。40分ほど、まったく意識がなくなりました。イビキをかいて寝ていたそうです。そんな一日にですが、社会では重大なことがおこっています。昨日のSM3に続き、日米の軍事一体化は、早足ですすんでいきます。

米陸軍第一軍団新司令部が発足、知事らは式典欠席/キャンプ座間(神奈川新聞)

 在日米軍再編の重要な柱の一つとされてきた米陸軍第一軍団前方司令部の発足式が十九日、在日米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)内のフィットネスセンターで行われた。再編協議開始から四年九カ月、最終報告からは一年七カ月が経過。ようやく再編計画が具体化した形だが、招待を受けた県知事や周辺自治体の首長は欠席。会場外のフェンス沿いに反対する市民が詰め掛けるなど、地元の理解を得ないままの船出となった。
 …当初、式典会場は屋外運動場を予定していたが「市民団体の抗議がある」(米軍関係者)などとして、急きょ屋内に変更された。発足式が地元の反対を押し切る形で行われたことで、より一層の反発が予想される。式典後の会見で、地元自治体の反対について問われると、ジャコビー中将は「われわれを歓迎していない人がいるのはわかっている。今後関係を良くしていけると確信している」と述べた。

 従来の軍団司令部ではない。2005年の米軍再編の合意のさいには、アメリカ陸軍はここ数年、従来の軍、軍団、師団、旅団といった伝統的な軍編成を、広域司令部(UEy)と作戦運用司令部(UEx)、実際の戦闘部隊(UA)という関係に変えようとしていると言われていて、第1軍団司令部はUExの役割を担うということが盛んにいわれていた。当時の、合意文書にも「、「在日米陸軍司令部の能力は、展開可能で統合任務が可能な作戦司令部組織に近代化される」とされていた。
 いずれにしろ、従来の後方支援だけではなく、「前方司令部」として設置されたということが大きな特徴である。ここに、まもなく、緊急即応部隊の指揮をとる陸上自衛隊中央即応集団司令部がつくられる(2012年)。日米の陸上の海外派兵部隊の司令基地として完成するというのだろう。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 経団連の経労委報告 | トップページ | 南京事件論争史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17422107

この記事へのトラックバック一覧です: 米陸軍第一軍団新司令部が発足 キャンプ座間:

« 経団連の経労委報告 | トップページ | 南京事件論争史 »