« 欧州議会が慰安婦決議 | トップページ | 先生に出会う »

2007/12/14

薬害肝炎 『国に解決責任』 大阪高裁が和解骨子案 原告は『限定』拒否

 たたかう人々の生き方から学ぶことはあまりにも多い。今日の新聞で報道されていた肝炎訴訟の人たちのたたかいは、胸を打つ。

薬害肝炎 『国に解決責任』 大阪高裁が和解骨子案 原告は『限定』拒否(東京新聞)

 汚染された血液製剤でC型肝炎になったとして、患者が国と製薬会社に損害賠償を求めた薬害肝炎大阪訴訟の控訴審で、大阪高裁(横田勝年裁判長)は十三日、「国に解決責任がある」とした上で、東京地裁判決を基準に補償範囲を限定した和解骨子案を当事者に提示した。 
 …和解骨子案は、国と製薬会社の法的責任には触れずに、「解決責任がある」と指摘。謝罪することも盛り込んだ。
 東京地裁判決を基準に、補償の対象となる投与期間を(1)フィブリノゲンは一九八五年八月-八八年六月(2)第九因子製剤は八四年一月以降と限定。その上で、肝硬変と肝がんは四千万円、慢性肝炎は二千万円、感染したがまだ発症していない場合は千二百万円の三ランクに分けて補償する。
 今後新たに提訴する患者は、投与時期がこの範囲内なら補償されるが、範囲外は救済されないことになる。
 …弁護団によると、この基準だとフィブリノゲンでC型肝炎を発症した四百十八人の患者リストのうち、約三分の一が対象外となるという。

 ちなみに、同じ東京新聞の関連記事が胸を打つ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007121402072026.html

 ぼくは、それでも「人権」という言葉にこだわろうと思う。それは「大義」という言葉に置き換えてもいい。

 ちなみに、政府は、今後提訴する患者についても救済対象を広げる方向で検討に入ったという。朝日新聞によれば、提訴時期や血液製剤の投与時期にかかわらず患者を幅広く救済する「基金」をつくる案を軸に検討しているとみられるという。
 被害者のたたかいは、政治を揺り動かすことができるのか・和解案の修正案は20日までに提示される。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 欧州議会が慰安婦決議 | トップページ | 先生に出会う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17368454

この記事へのトラックバック一覧です: 薬害肝炎 『国に解決責任』 大阪高裁が和解骨子案 原告は『限定』拒否:

« 欧州議会が慰安婦決議 | トップページ | 先生に出会う »