« 薬害肝炎 『国に解決責任』 大阪高裁が和解骨子案 原告は『限定』拒否 | トップページ | 南京事件70周年国際シンポジウムin東京 »

2007/12/14

先生に出会う

 朝日新聞の夕刊に連載されていた氏岡真弓さんの「先生に出会う」(ニッポン人脈記)の連載が終わった。

 連載のタイトルを上げると、「いのちの授業」ふたたび/カタカナ学ぼう競馬新聞/「死の縁」で抱き留める/子どもの心にも「赤チン」 /心震わせ、書くんだよ/働き 上を向き歩こうよ/挑め「2千年前の米作り」/教科書に見えない沖縄 /「愛国心」ゆえ起立やめた/改革反発 ブログに本に/泣いてもいいじゃないか

 私が話を聞いたり、仕事でお世話になった先生も登場する。
 教育というのは、結局、子どもと教師の相互関係によって成り立つものにほかならない。個性がぶつかり、試行錯誤のうえにこそ成り立つ人間的な営みなのだ。そうしてこそ人間としての〈発達〉がある。教師が子どもに人として向き合い、子どもの声を受けとめてこそ、教育が成り立つ。
 そこから、豊かな授業もつくられる、総合学習、作文(綴り方)、進路教育、体験学習…。だからこそ、その自由な空間を傷つけ、教師の人間としての尊厳を奪う行為は、教育そのもの=子どもと教師の営みへの干渉となるのではないのか。だからこそ、いま教師は人間としての発言こそ求められる。
 ラストの今日は、北星余市のいまを義家氏との対比で描く。いま教師に何が求められているのか。氏岡さんはそのことを問い掛ける。

 もちろん、教育は1人の教師のみの活動ではなく、教師集団と子ども集団としての学校、そして地域や父母をふくめての営みでもある。そのことへの批判はあろう。だけど、その核には、1人の顔のある教師の、子どもの、人間としての悩みや葛藤があることも事実だと思う。そして、この連載で紹介されたような教師たちの営みは、全国どこにでもある。子どもと教師の人間的な営みだからこそ、形はちがっても、もっともっと正当に評価され、大切にすべき日本の教育の成果や遺産は、限りなくあるのではないだろうか。
 教育の自由そして人間としての尊厳、そんなことを感じながら読んだ連載だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 薬害肝炎 『国に解決責任』 大阪高裁が和解骨子案 原告は『限定』拒否 | トップページ | 南京事件70周年国際シンポジウムin東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17368786

この記事へのトラックバック一覧です: 先生に出会う:

« 薬害肝炎 『国に解決責任』 大阪高裁が和解骨子案 原告は『限定』拒否 | トップページ | 南京事件70周年国際シンポジウムin東京 »