« 悲鳴あげる“名ばかり”管理職 | トップページ | 諫早湾干拓、「失敗百選」に 文科省の外郭団体選定 »

2007/11/19

ファンドマネーが食を操る~穀物高騰の裏で~

071119_c 帰宅してNHKスペシャルを見る。

 日本人の“食”を支えてきたアメリカ穀倉地帯が、大きく変わっている。石油の代替燃料として注目されるバイオ・エタノールの工場が続々と建設され、周辺のトウモロコシを買い集めているのだ。中国、インドなどの消費拡大にエタノール需要が加わり、さらに穀物相場にファンドマネーが流入。トウモロコシの価格はわずか2年ほど余りで2倍に上昇した。  この秋、穀物の相場は、以前の常識では考えられない動きをした。空前の大豊作が発表されたその日に、トウモロコシの価格があがり始めたのだ。「なりゆき買い」と呼ばれるファンドの買い注文が集中したという。アメリカでは、遺伝子組み換えで収量が多くエタノールの製造に適した新しい種の開発が進んでいる。サブプライム・ショックのあとには、大豆価格も急上昇している。  少しずつ日本の消費者にも影響が広がっている、穀物の世界の変貌ぶりをつぶさに追う。

 マネーは、エタノールの原料としてのとうもろこしに向かう。食料の不足は広がる。改めて市場とは何なのかということを思い知らされる。
 しかし、なぜマネーがここに向かうのか。背景には明らかに、過剰資本=カネあまりがある。BRICsの発展という世界の経済構造の変化を背景に、アメリカに集まる資金は、製造などには決して向かわず、金融に向かう。日本もその道を歩む。そして、穀物市場に流れ込むということでもある。
 市場が、日本の経済に本格的に”復讐”をはじめようとしているのだろうか。とおもろこしから大豆へ。市場にゆだねる日本の食料にはたして未来があるのか。緊急に直視すべき問題でもあるのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 悲鳴あげる“名ばかり”管理職 | トップページ | 諫早湾干拓、「失敗百選」に 文科省の外郭団体選定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17124024

この記事へのトラックバック一覧です: ファンドマネーが食を操る~穀物高騰の裏で~ :

« 悲鳴あげる“名ばかり”管理職 | トップページ | 諫早湾干拓、「失敗百選」に 文科省の外郭団体選定 »