« 「いのちの授業」ふたたび | トップページ | チームって何だろうか? »

2007/11/30

生活保護水準引き下げ、来年度から…厚労相が明言

 今日の昼のニュースで、驚いたのがこれ。

生活保護水準引き下げ、来年度から…厚労相が明言(読売新聞)

 厚生労働省の有識者会議「生活扶助基準に関する検討会」は30日午前、生活保護の水準の見直しを求める最終報告書をまとめた。
 報告書は、生活保護のうち生活費にあたる「生活扶助」の水準が、低所得世帯の一般的な生活費よりも「高め」だと指摘しており、同省は報告書を受け、水準の引き下げ幅などについて検討を開始する。
 …報告書に関連して、舛添厚生労働相は30日午前の閣議後の記者会見で、「(生活扶助の水準は)若干、引き下げる方向の数字が出ると思う」と述べ、来年度からの引き下げを明言した。

 残念ながら、まだ報告そのものは厚生労働省のHPにアップされていないのだけれど、報道によると、「生活扶助の水準を5年に1度の全国消費実態調査と比較した。その結果、「60歳以上の単身世帯」の場合は生活扶助世帯が月7万1209円であるのに対し、低所得世帯が6万2831円と8000円を超える差があった。また、「夫婦・子一人世帯」でも、生活扶助が月15万408円、低所得世帯が14万8781円と約2000円高かった。」ということを根拠に切り下げをすすめようというもの。
 この人たちは、ワーキングプアという言葉や、その問題性をどうも理解していないようである。

 もっとも驚いたのが厚労相の発言。「激変緩和措置はちゃんとします」と言った。生活が成り立たないような水準に陥れるための激変緩和措置って一体何なんだ。ゆっくり殺しますなんて、まったくのブラックユーモア。もう怒りを通り越すような発言だった。貧困をいくら政策的に不可視化しようが、それを許さないたたかいと連帯はすでにはじまろうとしている。私たちは決してそれを許さない!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「いのちの授業」ふたたび | トップページ | チームって何だろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17235070

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護水準引き下げ、来年度から…厚労相が明言:

« 「いのちの授業」ふたたび | トップページ | チームって何だろうか? »