« ミサイル防衛、来月から訓練実施…新宿御苑など10か所で | トップページ | 林教授、意見で「軍の強制」強調/「集団自決」問題 »

2007/11/27

陸自ヘリ1機に216億円 09年度で調達断念

 どうも風邪気味である。会議が2つ、参加しなければいけない研究講座が1つ、そんあわけで無理無理に出勤する。一通り終わると、ずいぶん遅い時間。はあ~。

 さて、軍事費というもののおかしさという点では、今日の東京新聞には次のような記事があり、職場でもちょっとした話題になった。

陸自ヘリ1機に216億円 09年度で調達断念(中日新聞)

 高額なことで知られる陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが、来年度防衛予算の概算要求で1機を216億円という超高価格で購入されることが分かった。「世界一高い戦闘機」といわれたF2支援戦闘機(約120億円)より高い。防衛省は2009年度を最後にAH64Dの調達を断念するため、調達開始からわずか8年で代替機を選定し直すという失態を演じることになる。
 AH64Dは、陸自のAH1S戦闘ヘリの後継機種。米ボーイング社製で富士重工業がライセンス生産している。01年の候補機選定の際には、米陸軍が採用し湾岸戦争で使われた実績があり、全天候で索敵できる射撃統制レーダーを搭載した「世界最強ヘリ」であることが決め手になった。
 AH1Sが1機約30億円だったのに対し、AH64Dの予定価格は倍の約60億円。さらに部品の国産化率を高めるなどしたことで、年を追うごとに価格は高騰した。
 来年度の概算要求では、機体価格そのものは1機83億円。調達は現行の中期防衛力整備計画(05-09年度)で断念するため、富士重工業の設備投資などの経費400億円を08、09年度で調達する3機の価格に分割して上乗せする。1機あたり133億円の追加となり、結局、来年度は1機216億円もの高価格になる。
 調達断念の理由を防衛省防衛計画課は「米ボーイング社が陸自の使用する現行のAH64Dの生産をやめモデルチェンジすることが大きい。現行機の米国製部品の値段が跳ね上がる。新型式機を採用しても、旧型式機を改造する手間が必要で現実的ではない」と説明する。
 ボ社は20年にわたり、現行機を製造すると約束していたが、米軍再編によって米政府が装備を見直したことを受け、製造中止を決めたという。AH64Dは本来62機を調達する予定だったが、13機で打ち止めとなり、代替機の選定が必要となる。…

 最近、自衛隊のハードについて少し、調べていて、ちょっと驚くことがある。日本の兵器というのは、国産やライセンス生産がおこなわれるわけだけれど、いったん機種が決まると、世界的に技術革新があっても、バージョンアップされることはほとんどなく、製造が続けられるという点である。そして、世界の(アメリカの)配備機種が変わったり、時代遅れになると、突然、前触れもなく、製造が中止されるということがくりかえされている。

 もちろん前提には、そういった兵器をもつ必要があるのかという問題があるのだけれど、その前提を問わないまでも、ほとんど一般社会の常識とはかけ離れた、ことがおこなわれているという不思議な世界なのである。だから、今回、軍事利権と呼ばれる、ある意味では軍産共同体のアメリカにもないような、異様な政官財のもたれあいと癒着が残されているということなのだろう。

 世間では(福田首相や自民党、財界などは)、さかんに社会保障を維持するために消費税だと言っているけれど、どうして、この「闇」を徹底的に明らかにしないのだろうか。いま政治にもっとも問われている問題と言えるのではないだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ミサイル防衛、来月から訓練実施…新宿御苑など10か所で | トップページ | 林教授、意見で「軍の強制」強調/「集団自決」問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17209750

この記事へのトラックバック一覧です: 陸自ヘリ1機に216億円 09年度で調達断念:

« ミサイル防衛、来月から訓練実施…新宿御苑など10か所で | トップページ | 林教授、意見で「軍の強制」強調/「集団自決」問題 »