« 米軍再編交付金:33自治体を指定 名護、岩国など見送り | トップページ | 落合采配をめぐって »

2007/11/01

自衛隊派遣恒久法で協議も 首相と小沢氏が前向き

自衛隊派遣恒久法で協議も 首相と小沢氏が前向き(中日新聞)

 福田康夫首相と民主党の小沢一郎代表は1日、国際的な平和活動のために自衛隊海外派遣を随時可能にする「恒久法」の制定が必要との認識をそれぞれ表明した。双方は恒久法案の共同提出に向けた自民、民主両党の協議についても前向きな姿勢を示しており、両党首の2日の再会談で協議の場の設置が議題になる可能性もある。
 ただ海外での自衛隊活動をめぐる憲法解釈では大きな開きがあり、与野党協議が実現しても共同提案に結び付く可能性は低い。首相としては恒久法の制定論議を通じて、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続に道筋を付けたいとの狙いもありそうだ。…

 なるほど、そういう議論が浮上していくのですか。という感じですね。きっと議論にはなるとは思っていましたが。
 もちろん、明日の党首会談で、必ずしも道筋が見えるとは限りませんが、これからの政治の舞台では、そういうことが議論になるのは間違いないでしょうね。
 中断している、小沢さんの憲法論、国連論の書き込みをそろそろ再開しなければなりませんね(笑い)。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 米軍再編交付金:33自治体を指定 名護、岩国など見送り | トップページ | 落合采配をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16946815

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊派遣恒久法で協議も 首相と小沢氏が前向き:

« 米軍再編交付金:33自治体を指定 名護、岩国など見送り | トップページ | 落合采配をめぐって »