« 来年から「埼玉西武ライオンズ」 | トップページ | これが大連立の真相なの? »

2007/11/07

今日から日米安全保障戦略会議

 自民・公明の与党や民主党の国防族議員でつくる団体や米国のシンクタンクなどが主催する「日米安全保障戦略会議」が今日11月7日から3日間東京で開かれます。
 その案内は、ここhttp://www.ja-nsrg.or.jp/shinchaku.htm
 テーマは、「新しいアジアと日米同盟」。パネルディスカッションとして「日米軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結後における日本の責務」「新ミサイル防衛構想」「ミサイル防衛と日米防衛技術交流」「米国におけるNBCテロ対策」「中国の拡大する軍事的脅威」「サイバーテロ対策」。
 また、この会議では、米巨大軍需産業による兵器プレゼンテーションや兵器見本市(=防衛装備展)の開催が、恒例となっています。

 ところが、この間の山田洋行・守屋事件のあおりで、政治家のドタキャンが相次いだようです。案内にあるメンバーのうち、雑誌の報道(週刊ポスト)では、久間章生、石破茂、長島昭久、麻生太郎らの政治家に加え、防衛省の“守屋派”金澤博範防衛政策局長、河村延樹防衛政策課長も欠席ということだそうですが、ほんとかなあ。

 もともと、この会議では、防衛関係者、防衛族の政治家、日米の軍需産業が一同に会し、武器輸出の規制緩和などをすすめてきた歴史があります。重要な政治家の欠席そのものが、さまざまな憶測を呼ぶことにはなりそうですが、ミサイル防衛や軍事情報保護協定の問題も見過ごせない問題であり、やはり注視は必要だとは思います。はい。ちょっとオタクっぽいですけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 来年から「埼玉西武ライオンズ」 | トップページ | これが大連立の真相なの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16999677

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から日米安全保障戦略会議:

« 来年から「埼玉西武ライオンズ」 | トップページ | これが大連立の真相なの? »