« 大連立、小沢辞任? うーん。 | トップページ | バベル »

2007/11/05

東アジア共同体への道 あと「今夜はシャンパリーノ」のこと

 土曜日が、東アジア共同体へをテーマにした東京アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会主催のシンポジウムに行って来た。経済学者の堀中浩先生、元赤旗外信部長の三浦一夫さん、憲法学者の小沢隆一さんがパネリスト。堀中さんの話は、産業論が専門だけに少し難しかったです。アジアの経済関係と産業構造の問題は、関心はもちました。三浦さんの話は、彼が体験したアジアの政治のいろいろな面を、たくさん語ろうとして、発言の時間内には収めることができず、逆にわかりくにになった印象(笑い)。ただ、困難をかかえながらのアジアの政治の変化や、その根底にある精神というかアジア式のルールというものは、伝わってきた。小沢さんの話は、9条とアジアの関係。出発にある戦争と9条の精神、それが歪められた冷戦と対立、そして、現在、これまでの憲法学者にない、刺激的な問題提起も少なくなかった。今後の企画の問題意識を少し、深める。

 実は、帰りに小沢さんから、今日の「今夜はシャンパリーノ」の番組のことを聞いた。小沢先生のテレビデビューである。お笑いの波田陽区が講師となって憲法9条を議論する番組。その相談役として小沢さんが出演する。今日、とりあえず職場で前半9時半まで見た。真正面から9条の問題を扱っていて、好感のもてる内容になっていた。6党党首への波田陽区のインタビューはつっこみも見事だった。小沢さんのコメントもばっちり。後半はあすビデオで。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 大連立、小沢辞任? うーん。 | トップページ | バベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16989636

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア共同体への道 あと「今夜はシャンパリーノ」のこと:

« 大連立、小沢辞任? うーん。 | トップページ | バベル »