« 経団連の通信簿 | トップページ | 歴史の見直しということ »

2007/11/14

海外派遣隊員16人が自殺 インド洋やイラクで任務

海外派遣隊員16人が自殺 インド洋やイラクで任務(中日新聞)

 インド洋やイラクなどへの海外派遣任務に就いた延べ約1万9700人の自衛隊員のうち、16人が在職中に自殺していたことが13日、政府が閣議決定した答弁書で明らかになった。社民党の照屋寛徳氏の質問主意書に対する回答。
 答弁書によると、テロ対策特別措置法に基づきインド洋に派遣された海自隊員は約6年間で延べ約1万900人。イラク復興支援特別措置法に基づく陸、海、空自隊員の派遣人数は約4年間で延べ約8800人に上る。
 このうち在職中の死亡者は計35人で、内訳は海自20人、陸自14人、空自1人。うち自殺者は海自8人、陸自7人、空自1人で、それ以外は病死が計7人、事故死・死因不明が計12人という。答弁書は派遣と死亡の因果関係に関し「一概には申し上げられない」と指摘。退職後の自殺者数については「把握していない」としている。

 この記事を読むと、私は、清水寛先生のアジア・太平洋戦争時の戦争神経症についての調査研究を思い浮かべます。『日本帝国陸軍と精神障害兵士』という本は貴重な研究成果です。
 問題は、そうした戦争によっておこる悲劇が、現在の日本でも、くり返されているということでしょう。
 しっかりした研究の対象にすべき問題であり、防衛省は、その詳しい実態について調査し、明らかにすべきだと強く思います。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 経団連の通信簿 | トップページ | 歴史の見直しということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/17075690

この記事へのトラックバック一覧です: 海外派遣隊員16人が自殺 インド洋やイラクで任務:

« 経団連の通信簿 | トップページ | 歴史の見直しということ »