« 学童保育のいまと今後は… | トップページ | エイジアン・パラダイス »

2007/10/27

シェイクスピア・ソナタ

Shakespeare_0 昨日、夜テレビのチャンネルを回していたらNHK教育の劇場への招待で、松本幸四郎の「シェイクスピア・ソナタ」をやっていたの、思わず見てしまいました。

 松本幸四郎が、新たな現代劇創造を目指して始めた“シアターナインス”10周年記念公演。 その男が奏でるのは、四大悲劇と一つの悲劇。  “毎年のツアーの最後は、庭先に仮設された劇場で、〈四大悲劇〉を演じてきた。しかし今年は・・・。客席中央、一家の主のための席が、いまだ空席のままだ。”  その男の悲劇はココから始まる。

 物語の舞台は、仮設劇場の楽屋。出演者たちの人間的葛藤は、そのままシェイクスピアの悲劇とダブル。ラストは、舞台こそ人生だということか、それとも人生は舞台だということか。
 何でもいいが、まず演劇はテレビではなく、生がいいとつくづく思ったが。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 学童保育のいまと今後は… | トップページ | エイジアン・パラダイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16893075

この記事へのトラックバック一覧です: シェイクスピア・ソナタ:

« 学童保育のいまと今後は… | トップページ | エイジアン・パラダイス »