« 凹み、落ち込み… | トップページ | ユニセフ 子ども版障害者権利条約草案 »

2007/10/29

良識へのちょっとずつの前進

 東京では、まったく違う判決が出されていますが、神奈川の県個人情報保護審査会が次のような答申を。裁判ではありませんが、きわめて良識にあふれた判断です。
 一歩一歩の歩みですが、そう簡単に、思想や信条を踏みにじる行為は許されません。

教員氏名の報告は「不当」 君が代不起立で答申(中日新聞)

 神奈川県教委が、入学式などで君が代斉唱時に、起立しなかった教職員の氏名などを県立高校の校長から報告させていることについて、県個人情報保護審査会(会長・矢口俊昭神奈川大学大学院教授)が、県個人情報保護条例が禁止する「思想信条に関する個人情報の収集に当たる」と判断していたことが二十九日、分かった。
 同審査会は県教委に対し、収集を中止するよう答申。県教委は、二〇〇六年度と〇七年度に報告を受けた氏名などの情報の廃棄を検討する。…

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 凹み、落ち込み… | トップページ | ユニセフ 子ども版障害者権利条約草案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16915822

この記事へのトラックバック一覧です: 良識へのちょっとずつの前進:

« 凹み、落ち込み… | トップページ | ユニセフ 子ども版障害者権利条約草案 »