« 6カ国協議 そして 南北首脳会談 | トップページ | 小沢論文に石破さんの反応は »

2007/10/07

変わる京都 変わらない京都

20071006155148 昨日は、早朝から京都へ出張。昼から対談をセットして、夕方早い時間に終了。京都にくるときは、どうしても、大学の周辺か、裁判所の周辺、あと左京区が多い(笑い)のだが、今回は、四条河原町に近く、仕事のあと、少し、京極などを歩いてみた。
 町の骨格は全然変わっていないけれど、町そのものは、ほとんど変わっていた。河原町そのものは、カラオケが多く、少し通りからはずれると、しゃれた店が多いという印象。つれ合いと学生時代いっしょにいった店などは、もうほとんどなくなっているようだった。

20071006171343 帰り、駅に向かう途中、耳塚に行ってみた。ここもまあ、青春の地であるわけだけど(笑い)。耳塚というのは、豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役1592年~1598年)のさい、討ち取った朝鮮・明国兵の耳や鼻をはなそぎし持ち帰ったものを葬った塚である。当時は戦功の証として、首をとったわけだが、運搬中に腐敗するのを防ぐために、耳や鼻を塩漬、酒漬にして持ち帰ったといわれる。
 このときの日本軍は、民間人に対する殺人、放火、略奪、強姦をくりかえしたと言われ、耳塚も、無差別に切り取ってきた朝鮮人の耳や鼻を埋めたものとされている。いまでも在日の人々の手によって供養がおこなわれているそうですが、日韓の歴史教科書づくりの際にもこの文禄・慶長の役については議論になる問題で、私たちがよくしるべき歴史の一ページでもあるようです。

 この耳塚周辺の風景はまったく変わっていません。よくいった大力食堂などもまだあったり。変わらない京都も少なくはありません。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 6カ国協議 そして 南北首脳会談 | トップページ | 小沢論文に石破さんの反応は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16692111

この記事へのトラックバック一覧です: 変わる京都 変わらない京都:

« 6カ国協議 そして 南北首脳会談 | トップページ | 小沢論文に石破さんの反応は »