« ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | 学力テストが生む歪み 京都から »

2007/09/14

政局を転換する力は世論にある

 ポスト安倍は、すっかり麻生vs福田の様相です。安倍内閣のしっぽをひきずる麻生さんと、ほとんどの派閥の支持をとりつけた福田さん。うーんと考え込む選択ですね。まあ、細かいところをみれば、興味深い問題も少なくはないのですが。福田さんが分がよそうというのがメディアの予想ですが、福田さんになれば、たぶん思い切って提案を民主党にしてくるでしょうね。さて、民主党は?

 では、解散総選挙はどうなるのでしょうか。こうした政党内、政党間の抗争もまったく興味がないわけではないのですが、案外、政局もっとも左右するのは世論だということが言えます。たとえば今日は次のような世論調査が出ています。

衆院「解散すべきだ」59% (毎日新聞)

 毎日新聞が12、13両日に実施した緊急の全国世論調査で、衆院解散・総選挙を行うべきかどうかを尋ねたところ、「解散すべきだ」が59%に上り「解散する必要はない」の37%を大きく上回った。「衆院選で自民党と民主党のどちらに勝ってほしいか」という問いには、43%が民主党と答え、自民党の39%を上回った。

 総裁選の結果はどうあれ、こんな政権を許すことができないという解散総選挙を求める声が、国会を囲むようになれば、政局は大きく転換するに違いありません。メディアは、興味本位で総裁選を報道するのではなく、こうした国民の声にも注目した報道をしてほしいと思いますね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | 学力テストが生む歪み 京都から »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政局を転換する力は世論にある:

« ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | 学力テストが生む歪み 京都から »

無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31