« 花火大会 | トップページ | 防衛庁人事の根深い意味を考える »

2007/08/19

A級戦犯は何を語ったのか~東京裁判・尋問調書より~

070813_a 関西に戻る前日にテレビでやっていたのがこの番組。BBCばりの再現ドラマ仕立てである。

 東京裁判で「平和に対する罪」で起訴された28人の被告。このA級戦犯はどのようにして選ばれたのか――。その経緯を物語る2万6300ページに上る尋問調書がアメリカ国立公文書館に眠っている。東条英機、広田弘毅、松井石根、土肥原賢二……日本の中枢にいた政治家、軍人、官僚ら、錚々たる顔ぶれが並ぶ。  当時、アメリカ、イギリス、ソ連、中国などからなる国際検察局のスタッフは、100名を超える容疑者の中から、尋問、調査によって「被告」を選び出していった。昭和20年12月から、翌年の4月にかけて、巣鴨プリズンの密室で厳しい質問を浴びせられる。その一問一答が克明に記録されていた。戦犯容疑者と検察官の攻防からは、連合国と日本の戦争観、責任論の違いが浮かび上がってくる。  さらに去年、国立公文書館で法務省が保管してきた戦犯関連の資料4000冊が公開された。文書からは当時、日本側がどのような弁護対策を立てて、裁判に臨もうとしていたのかが明らかになってきた。  番組では巣鴨プリズンの取調室を再現。記録に忠実な再現ドラマによって密室の攻防を描く。また、当時の関係者を世界各国に取材。A級戦犯選定の過程を明らかにし、戦争責任をめぐる議論の出発点を浮き彫りにしていく。

 まじめな番組なんだろうが、見ていてどうにもすっきりしないところがあった。なぜだろうと考えた。このドラマで中心的に描かれているのは広田弘毅と東条英樹。広田は、軍部のほんろうされ、軍部の犯罪をせおった政治家として描かれる。そして、東条は、戦争の責任を軍部の責任として、すべてを背負った人物として描かれる。これを見ていた人が東条がかわいそうで泣けてきたと言っていた。
 けっきょく、東京裁判では、ほんとうの意味で、日本の戦争の責任に向き合えなかったということなのだろうか。そんな気がしてきた。それは、なぜか。あの戦争でのさまざまな犯罪は、天皇の名によっておこなわれた。このドラマでの、東京裁判で天皇が裁かれなかったことの意味。そんなことばかり考えてしまった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 花火大会 | トップページ | 防衛庁人事の根深い意味を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16171561

この記事へのトラックバック一覧です: A級戦犯は何を語ったのか~東京裁判・尋問調書より~:

« 花火大会 | トップページ | 防衛庁人事の根深い意味を考える »