« 「もう一つの『東京裁判史観』」 | トップページ | 検証 日本の貧困と格差拡大 »

2007/08/23

地域が子どもを守る 東京・東久留米の学校統廃合を考える

02906010 今日、学校選択制にリンクした形での学校統廃合が、全国で急速に広がっています。本書では、Ⅰ部でこの問題に一貫してかかわる山本由美さんが、「東久留米の学校統廃合の今日的な意味」を論じ、Ⅱ部では、関係者が「親・教師からみた学校統廃合」を報告しています。
 反対するとりくみからは、豊かな教育実践を基礎にした父母、教職員、地域の共同の力を学ぶことができ、同時に、統廃合がなされた教育現場が、どのようなダメージをうけているかも報告されています。Ⅲ部の田中孝彦さんによる「学校統廃合が子どもに及ぼす影響」と題した、子どもの声をよく聞きとりながら、子どもの発達にそくした教育や地域のあり方の提起は、この問題の議論の核心をついた提起として、議論されることが望まれます。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「もう一つの『東京裁判史観』」 | トップページ | 検証 日本の貧困と格差拡大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16215472

この記事へのトラックバック一覧です: 地域が子どもを守る 東京・東久留米の学校統廃合を考える:

« 「もう一つの『東京裁判史観』」 | トップページ | 検証 日本の貧困と格差拡大 »