« 「支援」っていったい何だ | トップページ | テージセー 東京裁判 感想は後日 »

2007/08/13

二男にまつわる2つの話

 まあ、二男のことをブログに書くと、本人はきっとかなりいやがると思うけど、二男にまつわる話題を2つ。

 一つは、昨日のこと。二男は、つれ合いのいる北陸の実家にいくために、新幹線に乗った。切符は私が手配したが、新幹線は指定とれたが、ほくほく線はとれなかった。いちおう予定は17時2分着。ところが、その時間になっても現地にはつなかい。電話での連絡のない。一人旅などしたことのないやつなので、あれ、どこかで迷ったか?
 実は、ゆっくり座るために、ほくほく線の自由席を1時間半ほどまっていたようだ。
 私はこんなことはできない。とにかく早く現地に着きたいというタイプ。というより、過程でもたもたするのが嫌いで、すぐ答えを出したがる。息子からみるとこんな親や、ぼんやりと時間をすごすことのできないダメに人間というふうに映るようだ。むかし、せこせこ何かをしていかければ気がすまない、私に、休みはぼーっとするのが休みで、そこが父のいけないところだと言われたことがあることを思い出した。

 さてもう一つは、今日、地元の警察から電話があった。先月に、塾の行事でおそくなったとき、少し、ある場所でたむろしていて、警察の方が注意したことを伝えてきた。なんでも、青少年健全育成条例かなにかで、高校生以下は11時以降の外出は補導の対象になるという。まあ、大きなお世話って感じがするが、単に親に伝えるだけという発想も、いかがなものか。後は、家庭の問題だというのだ。しかし、子どもの行動を管理の対象とし、その「育成」なるものを家庭の責任として何が改善されるというのだろうか。そんなことをして、いっそう問題が深刻となるケースも多数あろうに、警察からの電話は、そんなことはまったく関心なさそうだった。何か、まちがっていると少々腹が立った次第。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「支援」っていったい何だ | トップページ | テージセー 東京裁判 感想は後日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16105585

この記事へのトラックバック一覧です: 二男にまつわる2つの話:

« 「支援」っていったい何だ | トップページ | テージセー 東京裁判 感想は後日 »