« 竹信三恵子VS春原雄策 | トップページ | 全障研大会 »

2007/08/04

A級合祀「禍根残す」 昭和天皇が懸念

 今日になって、あらためて、こんな記事ができるのは? 少なくとも、保守層の中での「靖国」派なる人たちの存在の矛盾はかなり大きいなあと感じさせてくれます。

A級合祀「禍根残す」 昭和天皇が懸念(中日新聞)

▽「靖国の性格変わる」、元侍従長、歌人に明かす
 靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に対する昭和天皇の考えとして「戦死者の霊を鎮めるという社(やしろ)の性格が変わる」「戦争に関係した国と将来、深い禍根を残すことになる」との懸念を、故徳川義寛(とくがわ・よしひろ)従長が歌人の岡野弘彦氏(おかの・ひろひこ)(83)に伝えていたことが三日、分かった。
 昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を示していたことは、富田朝彦(とみた・ともひ)元宮内庁長官のメモなどで判明しているが、具体的な理由までは明らかになっていなかった。A級戦犯合祀をめぐる論議にあらためて一石を投じそうだ。
 合祀への懸念は、昭和天皇の側近トップだった徳川元侍従長が一九八六年秋ごろ、昭和時代から皇室の和歌の指導に当たってきた岡野氏に明かした。岡野氏も昨年末にまとめた昭和天皇の和歌の解説書「四季の歌」の中で触れている。…



 もともと、徳川氏の日記で明らかにされていたことだし、この岡野のさんの『四季の歌』のなかでも書かれていること。強調して、リークしたのは誰? 古賀さんのラインあたりとか、妙に勘ぐってしまう自分が悲しい(笑い)。

 昭和天皇と靖国の戦後史、現在のナショナリズムの動向と天皇などについては、きっちり論じ方を考えた方がいいなあ、などとぼやーっと思う一日です。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 竹信三恵子VS春原雄策 | トップページ | 全障研大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/16008328

この記事へのトラックバック一覧です: A級合祀「禍根残す」 昭和天皇が懸念:

« 竹信三恵子VS春原雄策 | トップページ | 全障研大会 »