« 中南米はおもしろい | トップページ | 分裂は続く…… 中東そしてアフガン »

2007/07/23

餓死 11年で867人

 朝、新聞をパラパラ読んでいて、気になる記事。今日は、これ。

餓死 11年で867人 背景に雇用破壊・生活保護抑制 95年以降急増(しんぶん赤旗)

 厚生労働省の直近の調査で、二〇〇五年には八十二人(男性七十人、女性十二人)が餓死していました。〇四年には、七十一人(男性五十七人、女性十四人)、〇三年には九十七人(男性七十七人、女性二十人)となっています。
 厚労省によると、調査は死亡診断書に「餓死」と記されたものを集計したもの。餓死状態で発見されたさい、死亡診断者に別の病名がつけられる場合もあり、実態はさらに多いとみられ、「厚労省調査の数字は氷山の一角」と研究者は指摘します。
 餓死者は一九九五年を境に急増します。前年まで二十人台だったのが、九五年に六十一人となり、以後毎年、百人近くが餓死しています。〇五年まで十一年間の餓死者は八百六十七人にのぼっています。…

 先日の、北九州市の生活保護打ち切りを原因とする餓死は、大きくクローズアップされているが、実際は、これほど、広がっている。この調査は、人口動態調査で、この数字は、少し前に見たことがあった。しかし、10年ほどの数字を並べると、ここまできているのかとつくずく思う。
 日本では、ほとんど餓死など存在しないと言われてきた。それは、結局、隠されていた=不可視化されてきただけに過ぎないということか。しかも、自殺者は年間3万人、うち経済的理由によるものは7000人を超えている。その少なくない部分が食えなくなったからではないのか。

 不幸が重なることは想像できる。でも、多くの場合、いざとねれば、貯金だとか、親に借りるだとか、何らかのクッションの存在を考える。でも、それもなくなったら…。そんなことも、考えられないことはない社会になっている。社会的なクッションがないからだ。やはり、貧困はあってはならない。貧困をなくすことができる社会に転換することは緊急の課題でもある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 中南米はおもしろい | トップページ | 分裂は続く…… 中東そしてアフガン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15859035

この記事へのトラックバック一覧です: 餓死 11年で867人:

« 中南米はおもしろい | トップページ | 分裂は続く…… 中東そしてアフガン »