« 沖縄は基地のなかにある | トップページ | 中南米はおもしろい »

2007/07/22

簡単にあきらめていいのか ちょっと気になっている課題

 最近、雑誌なんかを読んでいると気になる問題があります。それは、人権をめぐる問題の論じ方です。たしかに、国家が人の内面にもかかわるような問題に、国家がはりだしてきているということは、事実です。一方で、たとえば教育の分野で言えば、47年教育基本法が想定していたような、「教育の自由」ということや、「教育の公共性」ということにかかわって、それが学校などが担うことができるのかという教育への不信が、幅広く広がっています。そのため、47年教育基本法には、親や子の権利を守る仕組みがない、見たいな議論が見受けらることです。
 たしかに、こうした論者がいうように、教育不信には客観的な根拠があると思います。その意味で、こうした提起は真摯に検討する必要があるとは思います。が、しかし、です。国家の教育への介入をすすめる人々の土俵に乗っかって、個々の人権の擁護という視点だけで対峙するのがほんとうに、いいのかどうか。「教育の自由」「教育の公共性」という問題を、手放したり、あきらめていいのか。そのあたり。気になっている論点です。選挙が終われば、ちょっと勉強したいと思ってはいるのですが、これもストレスの一つの原因です。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄は基地のなかにある | トップページ | 中南米はおもしろい »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単にあきらめていいのか ちょっと気になっている課題:

« 沖縄は基地のなかにある | トップページ | 中南米はおもしろい »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31