« ジャーナリズムのセンス そして「貧困」をつくりだしたもの | トップページ | 「貧困」への感度ということ(続き) »

2007/07/14

それでも「靖国」派は…

 国際社会から、孤立しようとも、それでも主張する人々がいます。

従軍慰安婦問題で国会・地方議員、米下院委決議案に抗議書(読売新聞)

 米下院外交委員会でいわゆる従軍慰安婦問題に関する決議案が採択されたことを受け、国会議員や地方議員など223人で作る「慰安婦問題の歴史的真実を求める会」(代表・水島総「日本文化チャンネル桜」社長)は13日、決議案の撤回を求める抗議書を在京米大使館に提出した。
 抗議書は「(採択に)怒りと悲しみを禁じ得ない。決議案は事実と異なる誤った情報に基づいており、もう一度検証して欲しい」と訴えている。近くすべての米下院議員に同じ抗議書を送付する予定だ。
 同会には、与野党の衆参国会議員13人、地方議員128人、首長2人、文化人・ジャーナリスト80人が名を連ねている。

 ちなみに、国会議員の所属は、自民党だけではなく、民主党や無所属もふくみます。

 さて、そういえば靖国神社の「みたままつり」ですが

安倍首相、靖国神社にちょうちん奉納 小沢代表も(朝日新聞)

 安倍首相は東京・九段北の靖国神社で13日から始まった「みたままつり」に、初穂料1万円のちょうちんを奉納した。4月の春季例大祭に奉納した真榊(まさかき)には、木札に「内閣総理大臣」の肩書があったが、今回は肩書なしで名前だけ。同神社によると、表記は、本人側からの申し出に従っているという。
 国会議員では、小泉前首相、民主党の小沢代表らも献灯している。…

Banner_02ight="18" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ジャーナリズムのセンス そして「貧困」をつくりだしたもの | トップページ | 「貧困」への感度ということ(続き) »

コメント

 初めまして!元ちとせの「死んだ女の子」に関する記事を検索していたら、こちらにたどり着きました。友人に「死んだ女の子」を紹介する際にこちらの記事を参考にさせていただきましたので、お礼を兼ねてコメントを付けさせていただきます。

 戦争に関する歴史認識の問題に関しては、「当事者」と「国家」の関係性が非常に曖昧で分かり難い部分があります。例えば従軍慰安婦の問題は、被害者がいた以上加害者も必ず存在しているはずで、従軍慰安婦の事実があったのかどうかを検証するならば、国家が責任を持って、国内にいる「加害者」を探し出し事実を確認する必要があるはずで、「当事者」である被害者の訴えに対して、なぜ「国家」が机上の考証のみで返答を返してしまうのかが分かりません。
 例えば南京大虐殺の問題も、あったのかなかったのか、人数が何人だなどと言う以前に、実際に南京で中国人を殺して今も自責の念に苛まれている元軍人がいたりしないのかという考証が必要なはずで、国家が戦争の責任問題に関与できるとすれば、そういった個人レベルの加害者被害者の仲介役となり、和解と保障を取り持つような役目なのではないか、という気がします。
 国家が戦争の責任問題に関して発言する権利を主張するなら、その発言相手だって国家であるべきはずで、従軍慰安婦問題に関して言うならば、日本政府はまず韓国政府と共同で慰安婦の事実を知る個人の捜索と文献事実の裏打ちを進めるべきなのではないか、と思います。

投稿: よっひ~ | 2007/07/15 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15758635

この記事へのトラックバック一覧です: それでも「靖国」派は…:

« ジャーナリズムのセンス そして「貧困」をつくりだしたもの | トップページ | 「貧困」への感度ということ(続き) »