« 明日の記憶 | トップページ | 遊就館の展示と岡崎氏 »

2007/07/02

生きさせろ!

027668130000 悔しいけれど、ものすごく面白い本だった。ほんとうによくできた1冊だ。
 なによりも、政治にたいするこの著者のストレートな怒りと、そして若者にたいする共感。この共感から、リアルな若者をとりまく状況が伝わってくる。若者の生の姿を丁寧に取材したその内容は、見事なぐらいわれわれにとっても学ぶことが多い。少々眉をひそめたくなるようなもののなかにも、学ぶべき内容場みごとなぐらい多いのだ。同時に、それだけでなく、この現状へのとりくみもふくめ、理論的にも、知的刺激に充ちている。そんなぐらい内容の濃い一冊なのだ。さっと読めるかなと思ったけど、読みやすい割には時間はかかる。そんな充実した1冊だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 明日の記憶 | トップページ | 遊就館の展示と岡崎氏 »

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きさせろ!:

« 明日の記憶 | トップページ | 遊就館の展示と岡崎氏 »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31