« 学童保育のガイドライン(案) | トップページ | 結局、明らかにする気がないということか »

2007/07/08

足立区の学力テストで…

 昨日から、この話題が教育関係者のあいだではもちきりです。足立区で、区の学力テストの採点対象から3人の障害ある子どもを除外していたという問題です。

無断で3児童除外 学校側 保護者に事前説明せず(東京新聞)

 区教委によると、除外された児童は、通常学級に所属しながら、情緒不安定や多動などで特別支援が必要な「通級学級」に通っていた六年生三人。校長は「文章の理解が難しかったり、テストの実施中に座っていることができなかった」ことを理由に除外したという。
 区教委は、学校全体の学力状況を把握するため、各校長の判断で一部児童を採点から外すことは認めているが、事前に保護者に了解を得ることを条件としている。この校長は事前説明をしていなかった。
 …これまで区教委は各校の裁量に委ねており、採点対象から除外した子供が何人いるのかも把握していなかった。

 足立の問題はこれだけにとどまりません。

校長主導学力テスト不正 足立区の公立小 昨年の試験、誤答指さす(東京新聞)

 昨年四月に実施された東京都足立区の学力テストの際、区西部にある公立小で、試験中に教員が児童の答案を指さして誤答に気付かせる不正を行っていたことが七日、分かった。共同通信の取材に対し、六人の教員が「校長の指示があった。校長自身も教室に来て、自ら率先して『指さし』をした」などと証言した。…

 悉皆の学力テストがもたらす問題を、見事に表しているとしかいいようがありません。結局は、点数競争にならざるを得ず、その圧力が不正をつくりだします。そこからは、学力の実態など、正確にはわかりようがありません。被害をうけ、排除されていくのは子どもたちなのです。

 さて、9月には、全国学力テストの結果が発表されます。4月におこなわれたこのテストでは、どんなことがおこなわれていたのか。そこもよく見なければなりません。東京新聞では尾木直樹さんが「管理が強まる学校の中で、不正があっても声を出せない教員は少なくない。全国では同じような問題がたくさんあるはず」と述べています。よく考えかんがえていなかければなりません。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 学童保育のガイドライン(案) | トップページ | 結局、明らかにする気がないということか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15696194

この記事へのトラックバック一覧です: 足立区の学力テストで…:

« 学童保育のガイドライン(案) | トップページ | 結局、明らかにする気がないということか »