« 沖縄戦と民衆 | トップページ | いろいろあります »

2007/06/30

『諸君』の変身?

 この2カ月、『諸君』が変わった? 先月は、「慰安婦」問題をめぐって、荒井信一、大沼保昭、秦郁彦の座談会――中身は意味不明だったけど(笑い)。そして、今月が、何と、「安倍政権、墜落す!」と題して、国正武重(政治評論家)/田勢康弘(早稲田大学大学院教授・日本経済新聞客員コラムニスト)/伊藤惇夫(政治アナリスト)の座談会。だいないの感じは、『論座』の線? 内容は、この3人にしては、というようなもの。かなりがっかりの内容だけど。
 でも、気になるのは、『諸君』の一種の変身。もちろん、雑誌全体としては、相変わらずの内容だけど、明らかにバランスをとろうとしている。つまり、一直線で、「靖国」派とはいかないという、保守陣営の矛盾の一つのあらわれだろうか。まあ、いろいろ考えさせられる『諸君』の変身である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄戦と民衆 | トップページ | いろいろあります »

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『諸君』の変身?:

« 沖縄戦と民衆 | トップページ | いろいろあります »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31