« ネットカフェ難民2 | トップページ | なんか孤独だなあ »

2007/06/23

県議会「集団自決」意見書可決

 6月23日の「慰霊の日」を前に、沖縄戦について、テレビでとりあげているのが目立ちます。とりわけ、今年は「集団自決」の軍の強制をめぐる教科書検定があったので、なおさらです。昨日(もう一昨日ですね)のNHKの番組についてのエントリーに、なんと自由主義史観研究会の方からコメントをいただきました。
 私は、つくる会のHPはよくのぞいていたのですが、自由主義史観研究会がこんな充実したHPをもっていたのは恥ずかしながら知りませんでした。なんと藤岡氏のブログまであるではなりませんか! 貴重な資料とさせていただきますから。
 さて、沖縄戦にもどりますが、今日(昨日)県議会の意見書が可決されました。

県議会「集団自決」意見書可決 本会議、全会一致(沖縄タイムス)

 県議会(仲里利信議長)は二十二日午前、本会議を開き、高校歴史教科書の沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」の記述から軍の関与を削除した文部科学省の教科書検定の撤回、記述の回復を求める意見書案を全会一致で可決した。本会議終了後、県議会代表らが上京し、文部科学省などに要請行動を展開する。…

 県内では二十一日までに、四十一市町村のうち、三十七の議会が教科書検定意見に反対する意見書を可決しているそうです。
 ニュースでは、また、ひめゆりで有名な、南風原陸軍病院の壕跡の公開がはじまったことも報じていました。南風原では手作りの町立の資料館で、豪の復元がされていたのですが、現地の人たちの手で豪の保存がすすんでいるのです。ここにも沖縄戦を継承しようという、現地の思いが伝わってきます(ぜひ、行きたいと思います)。

 昨日、沖縄戦の教科書検定に関する安倍首相の発言を紹介しましたが、今度、エントリーする予定の特攻をめぐる彼の発言(たとえば鷲尾中尉についての)についても、どうも安倍さんは、兵士や国民は国に忠誠を誓い、国のために生きる存在でないと気がすまないと考えている節があります。そうでないと彼の発言を理解することはできないのです。恐ろしいことですが。

 意見書の全文はContinue reading で

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

意見書全文


 去る3月30日、文部科学省は、平成20年度から使用される高等学校教科書の検定結果を公表したが、沖縄戦における「集団自決」の記述について、「沖縄戦の実態について誤解するおそれのある表現である」との検定意見を付し、日本軍による命令・強制・誘導等の表現を削除・修正させている。

 その理由として同省は、「日本軍の命令があったか明らかではない」ことや、「最近の研究成果で軍命はなかったという説がある」ことなどを挙げているが、沖縄戦における「集団自決」が、日本軍による関与なしに起こり得なかったことは紛れもない事実であり、今回の削除・修正は体験者による数多くの証言を否定しようとするものである。

 また、去る大戦で国内唯一の地上戦を体験し、一般県民を含む多くのとうとい生命を失い、筆舌に尽くしがたい犠牲を強いられた県民にとって、今回の削除・修正は到底容認できるものではない。

 よって、本県議会は、沖縄戦の実相を正しく伝えるとともに、悲惨な戦争を再び起こさないようにするためにも、今回の検定意見が撤回され、同記述の回復が速やかに行われるよう強く要請する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成19年6月22日

 沖縄県議会

 衆議院議長 参議院議長 内閣総理大臣 文部科学大臣 沖縄及び北方対策担当大臣あて

|

« ネットカフェ難民2 | トップページ | なんか孤独だなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15525009

この記事へのトラックバック一覧です: 県議会「集団自決」意見書可決:

« ネットカフェ難民2 | トップページ | なんか孤独だなあ »