« 学生・生徒の自殺過去最悪 | トップページ | コムスンをめぐって »

2007/06/07

教育費を敵視する財政審

 予算を増やしたからって教育がよくなるわけではない――財政当局はくり返しそう強調し続けている。これだけ、教育に国民的な関心が集まりながら、日本は欧米諸国とはちがって、ますます教育予算が削られようとしている。ますます、教育が荒廃することは明らかなのに。
 財政審の建議はそんなことを感じさせる内容だ。

財政審 教育予算拡充けん制 来年度予算 財務相に建議提出(北海道新聞)

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は六日、二○○八年度予算編成に向けた建議(意見書)を尾身幸次財務相に提出した。安倍晋三首相が掲げる「教育再生」をめぐり教育予算への歳出拡大圧力が強まっているが、「借金が増えるだけ」と教育予算の増額を強くけん制した。地方自治体間の財政力格差の是正では「自治体間の調整」を優先し、地方税の枠組みの中で新たな仕組みを検討すべきだとの考えを強調した。
 教育予算については「増額のみが追求されれば、子どもにとって背負わされる借金が増えるだけの結果となりかねない」と、政府・与党内で高まる教育予算拡充論にくぎを刺した。
 その上で、過疎地の小中学校の統合などの具体策を提案。通学が遠距離化するなどの問題が予想されることから「地域に応じた制度設計」の必要性を指摘しながらも、「インセンティブ(奨励策)の付与」などにより統合を進めるよう提言。「財源を教育再生に資する予算にシフトさせる」との方針を示した。
 国立大学に関しては、運営費交付金を大学の実績に応じて配分する仕組みに見直すほか、授業料の一律横並びを改め、学部や大学ごとで差をつけるよう提言した。…

 財政審の建議はここにある。http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/top.htm

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 学生・生徒の自殺過去最悪 | トップページ | コムスンをめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15349625

この記事へのトラックバック一覧です: 教育費を敵視する財政審:

« 学生・生徒の自殺過去最悪 | トップページ | コムスンをめぐって »