« 知り合いの訃報 | トップページ | 米下院委 慰安婦決議採択へ »

2007/06/19

2007骨太の方針

 今年の骨太の方針(「経済財政改革の基本方針2007」)が今日、閣議決定された。
 小泉内閣は、橋本「改革」がつくったこの機関を、官邸主導というか財界主導の政治決定をすすめるために、活用したわけだが、安倍首相になって、もう1つ、スタンスがわからないとも言える。首相の関心が、憲法や教育再生であるだけに、より重視をする問題なりの政治決定過程をとるということだろうか。官邸のホームページ上も、経済財政諮問会議はすぐには目立たないようになっている。
 ただ、それでも経済財政諮問会議は経済財政諮問会議であり、財界と政府が一体となっての、生産性をあげ(イノベーションってやつ)、成長戦略をすすめる。そのための「改革」をすすめ、アジアとの関係で経済自由化をすすめ、秋からの消費税増税議論に道をひらくものになっているようだ。ニュースでは大きくはとりあげられなくはなっているが、こういう人たちは、ちょんと、ここであげたものの具体化をすすめる手を打ってくるのだから。

 骨太の方針(「経済財政改革の基本方針2007」)はここにあります。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 知り合いの訃報 | トップページ | 米下院委 慰安婦決議採択へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15494448

この記事へのトラックバック一覧です: 2007骨太の方針:

« 知り合いの訃報 | トップページ | 米下院委 慰安婦決議採択へ »