« “集団自決”62年目の証言 | トップページ | 県議会「集団自決」意見書可決 »

2007/06/22

ネットカフェ難民2

 たまには事前予告をしておきます。
 今度の日曜日のドキュメント07は「ネットカフェ難民2 破壊される雇用」です。番宣はといえば

  家賃を払えずネットカフェで寝泊まりする「ネットカフェ難民」の実態、第2弾。その急増の背景には、働いてもまともな収入を得られない今の雇用の問題があった。特に登録制の日雇い派遣は雇用の調整弁のような役割を強いられている。大手日雇い派遣会社で、仕事を得ながら労組の役員を務めるAさん(42)。孤立しがちな日雇い派遣の相談にネット上で答えるのが日課だが、彼自身仕事がなく、ネットカフェさえ泊まれずハンバーガーショップや公園で夜を明かす。Aさんらの組合活動を追いながら細切れ雇用の問題や政府や企業の姿勢を問う。

 前回の「ネットカフェ難民」は、この問題を一気に社会問題として浮上させました。今度はそのたたかいも視野にいれるようです。さて、どう描くか、眠い目を擦りながら見ることになるんでしょうね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« “集団自決”62年目の証言 | トップページ | 県議会「集団自決」意見書可決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15514689

この記事へのトラックバック一覧です: ネットカフェ難民2:

« “集団自決”62年目の証言 | トップページ | 県議会「集団自決」意見書可決 »