« 何やら、追われている… | トップページ | 教育再生会議 思惑ははずれた? »

2007/05/10

日米同盟の一体化は地球規模に

 今朝の、「しんぶん赤旗」を見ていて、なるほどそういうことかと目を引いた記事がこれ

衆院委で笠井議員 同盟の地球規模化批判(「しんぶん赤旗」)

 外務省の西宮伸一北米局長は九日の衆院外務委員会で、日米安全保障協議委員会(2プラス2)の共同文書(一日)で明記した「NATO(北大西洋条約機構)との協力」について、これまでの日米合意文書の中で初めてのものであることを明らかにしました。日本共産党の笠井亮議員は「日米同盟を地球規模に拡大し、NATOとの共同連携を進めるものだ」と批判しました。
 西宮局長は「過去の日米共同文書を調べたが、言及したものはない」と答弁しました。
 また共同文書は、NATOと日米同盟の関係について「補完的である」と特徴づけています。
 麻生太郎外相は、インド洋での給油活動などを挙げ、「具体的な例は、こういうことだ」と述べました。
 笠井氏は、2プラス2の直後に久間章生防衛相がNATO事務総長との会談で、アフガニスタンでの自衛隊の活動を検討する考えを示したことを指摘。「(共同文書は)海外派兵を軍事同盟間で協力し、集団的自衛権行使にもつながる重大な問題だ」と批判しました。…

 先日、3日の集会での、アーミテージ報告2に関連して、森英樹先生の「いまここにある改憲」という言葉を紹介した。この日米同盟の一体化が地球規模ですすもうとしているのが、上記の例だ。日豪安保とならんで、軍事同盟なき、同盟化が、日米同盟の一体化のもとで広がっている。だいいち、久間防衛大臣は、なぜ2プラス2の直後に、わざわざブリュッセルのNATOの本部にまで行ったのか?
 憲法を鼻にもかけないような重大な事態が実際にはすすんでいる可能性がある。これは見過ごせない事態でもある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 何やら、追われている… | トップページ | 教育再生会議 思惑ははずれた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15028575

この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟の一体化は地球規模に:

« 何やら、追われている… | トップページ | 教育再生会議 思惑ははずれた? »