« 教育再生会議 第二次報告の発表へ… | トップページ | 靉光展 »

2007/05/26

メタボラ

Photo_8 まいったなあ。これが感想。桐野夏生の本は、ずけずけと、人の心のなかに踏み入ってくる。孤独、妬み、嫉妬、劣等感、渇望、そして絶望。
 メタボラという言葉は、新陳代謝っていう意味だ。まるで現代社会が生きるために新陳代謝をすすめるために、排除していく世界の、そんな物語だった。
 DV、家庭崩壊、派遣・請負、ニート…。ラスト・シーンは、まだ見ぬ絶望があるということなのだろうか。絶望を冷たく見つめる。そこに、何かを見ようと言うのだろうか。10日間ぐらい、落ち込むなあ。いつものことだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教育再生会議 第二次報告の発表へ… | トップページ | 靉光展 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メタボラ:

« 教育再生会議 第二次報告の発表へ… | トップページ | 靉光展 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30